全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

第4弾は乾麺パスタ 資源循環型プロジェクト 十勝

 ばんえい十勝を核とした資源循環型プロジェクト「ばん馬toきのこto小麦の環」協議会(三浦尚史代表)は、第4弾となる新製品「うまいっしゅパスタ」を開発し、23日から満寿屋商店(帯広市)の管内6店で販売を開始した。

完成したパスタや試作中の総菜パンなどをPRするメンバー。右から三浦代表、杉山社長、菊地社長、アグリシステムの伊藤英拓社長、ばんえい十勝の徳田奈穂子広報担当

 プロジェクトは、ばん馬から出る厩肥(きゅうひ)でマッシュルームを栽培し、マッシュルーム収穫後の培地を小麦の栽培に活用するシステム。三浦農場(音更町)や鎌田きのこ(帯広市)、アグリシステム(芽室町)、ばんえい十勝、満寿屋商店で構成。活動を広く知ってもらおうと、適時商品開発を進めているが、日持ちする商品の開発は初めて。

 パスタは乾麺。清水旭山学園(清水町)で微粉末にした鎌田きのこのブラウンマッシュルームを、三浦農場で栽培する小麦「キタノカオリ」生地に練り込んだ。製造はフタバ製麺(留萌市)に委託。三浦代表は「もちもち食感で、茶色がかった色み。香りも楽しめる」と説明する。1袋(400グラム入り)959円。

 23日午前10時から、帯広市内の満寿屋商店麦音で記者会見が行われ、5事業者の代表らが製品をPR。鎌田きのこの菊地博社長は「無農薬、化学肥料不使用栽培のマッシュ。地産地消で広がってほしい」と力説。満寿屋商店の杉山雅則社長は、現在、うまいっしゅパスタを使い試作中の総菜パンを披露しながら「日持ちする商品を-と昨年8月から商品化を進めた。今後は自社だけでなく、販路も拡大したい」と話した。

 同協議会は2017年の発足以来、パンや袋焼きそば、ラーメンを商品化している。

関連記事

ワイン城再開を記念 町民用ブランデー発売 池田

 池田町ブドウ・ブドウ酒研究所は3月31日、ワイン城のリニューアルオープン(4月26日)記念事業の一環で、町民還元用の十勝ブランデー「Genteel(ジェンティール)V・S・O・P」(700ミ...

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。  オウギの葉...

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク