全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

親子が健康長寿を祈願

出来上がったムーチーをほおばる美崎伊緒里君(左)、姉の伊槙里さん(右)ら=14日午後、県立石垣青少年の家

 24日(旧暦12月8日)の「ムーチーの日」を前に県立石垣青少年の家(新﨑善國所長)は14日午後、同家でムーチーづくりを開き、親子ら13人がムーチーを食べて健康長寿を祈願した。  毎年の恒例行事で、ことしは黒糖や紅イモ、カボチャなど5種類に挑戦。ハイビスカスティーも一緒に作って味わった。  ムーチーが蒸しあがるまでの間、参加者は同家専門職の金城晶美さんからムーチーの由来とされている大里鬼の話を聞いた。  4種類のムーチーを食べた美崎伊槙里(いまり)さん(9)は「水の調整が難しかったが、できたては柔らかくておいしかった。次はチョコやきな粉味も作りたい」。カボチャが大好きという弟の伊緒里(いおり)君(8)は「カボチャの味がしっかりして1番おいしかった。月桃の葉の真ん中にムーチーがくるように包むのが難しかった」とそれぞれ語った。

関連記事

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

十勝の精肉店がワンツー独占 味付ジンギスカングランプリで最高賞

 味付け羊肉の需要拡大を目的としたコンテスト「味付ジンギスカングランプリ2024」で、最高賞のグランプリに上田精肉店(新得)の「ラム肩ロースジンギスカン」、準グランプリにミートショップ小久保(芽室...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク