全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

卒業記念に手作りベンチ寄贈 箕輪北小6年1組

手作りのベンチを贈り山内校長(右)と談笑する箕輪北小6年1組の児童ら

 箕輪町の箕輪北小学校6年1組(大沼聡教諭、26人)は卒業式を翌日に控えた19日、地元の間伐材を活用して手作りしたベンチ6脚を卒業記念として同校に寄贈した。ベンチは児童玄関前や中庭などに設置。登内蒼空児童会長は「皆が楽しく集まれる場所になれば」と期待に胸を膨らませている。

 ベンチ作りは総合学習の一環として昨年4月から着手した。5年生最後の社会科単元の「林業」を引き継ぐ形で、「6年生になったら木を使った活動をしよう」と大沼教諭が提言したのが始まりという。

 間伐材が入手できないか沢区の武井正幸区長に訪ねたところ、国道153号箕輪バイパスの並木だったケヤキが伐採された情報を入手。ベンチに対応できそうな枝を持ち帰り、六つの班ごとに製作した。腰掛け部分に枝を3本使用し、座り心地に配慮して表面を平たんに加工したほか、脚部分は揺れないよう補強するなどし、長さ約1メートル、高さ約40センチのベンチに仕上げた。

 贈呈式では山内伸治校長に引き渡し、全員で記念撮影。登内児童会長は「皆、苦労しながら作ったが、良いベンチができた」と笑顔。大沼教諭は「目標が定まり1年間過ごして学級に一体感が増した。活動を通じて多くの地元の皆さんにお世話にもなり、感謝の気持ちや達成感を実感しているのではないか」と話していた。

関連記事

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク