全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

火縄銃の解体ショー

解体した火縄銃について解説する湯浅さん(右)=新城市設楽原歴史資料館で

 火縄銃の内部はどうなってるの?新城市設楽原歴史資料館で14日、「鉄砲解体ショー」が行われた。同館学芸員の湯浅大司さんが仕組みが違う2種類の火縄銃を目の前で解体すると、参加者は身を乗り出して内蔵部に見入った。  同館で開催する「鉄砲隊の鉄砲展」の関連企画。地元の長篠・設楽原鉄砲隊メンバーでもある湯浅学芸員は同館で収蔵しているものや、自ら所有する火縄銃の手入れをしており、6年ぶりにショーを開いた。  湯浅さんは「火縄銃は450年前に日本に伝来し、銃だけでなく留め具にネジという概念も教えてくれた」と解説。「鉄の筒(銃身)と台木はネジではなく木や竹で留めている。鉄ではさびてしまうからです」などと説明した。  また短筒銃では銃身に象眼を施したものもあり、「戦がない江戸時代には鉄砲を売買するようになり、付加価値として取り入れた。台木や銃身など分業で製造が行われ、1丁の銃は職人たちの力が結集したものです」と説くと参加者は大きくうなずいた。  参加者からは「雨の時は火縄銃演武はできるのですか」と質問があり、湯浅さんは「火縄が湿るのが心配ですが、火ぶたの部分に雨覆という仕組みがあり、小雨程度で演武できるようになっています」と答えた。

関連記事

長野日報社

諏訪湖祭湖上花火大会 有料桟敷席2カ所を新設へ 長野県

8月15日に開く第76回諏訪湖祭湖上花火大会で、長野県諏訪市の実行委員会は7日、諏訪湖間欠泉センター北側(下諏訪町側)と、諏訪湖イベントひろば(旧東バル跡地)の2カ所に有料桟敷席を新設すると発...

長野日報社

開館30周年のおもしろかっぱ館 歩み振り返る記念誌完成 長野県駒ケ根市

昨年開館30周年を迎えた長野県駒ケ根市下平のおもしろかっぱ館は、30年の歩みを振り返り未来に向けた同館のさまざまな取り組みを紹介する記念誌『おもしろかっぱ館開館30周年』を300部発行した。9...

長野日報社

高嶺ルビー、色づき進む 長野県駒ケ根市や宮田村

 タカノ(長野県宮田村)が駒ケ根市や宮田村で栽培している赤ソバ「高嶺ルビー」の花が、今年も見頃を迎えた。日に日に色づきが進み、ピンク色の花が一面に広がっている。  高嶺ルビーはタカノが信州大...

長野日報社

きょうからフラワーショー 長野県茅野市のバラクライングリッシュガーデン

 蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(山田裕人代表)で6日、英国園芸の祭典「第33回バラクラフラワーショー」が開幕する。5日には長野県茅野市北山の同園でセレモニーを開き、関係者など約80人が出...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク