全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

スワンアスロン「きつい」 諏訪湖で世界大会

スワンアスロン世界大会で足こぎボートの競技を終えてボートから降りる参加者たち

 トライアスロンの要領で水泳を足こぎボートに代えた「スワンアスロン世界大会」が12日、諏訪湖周で開かれた。自転車で地域活性化を目指す有志グループ「諏訪サイクルプロジェクト」のメンバーを中心とした実行委員会が企画。諏訪地域のほか、千葉県、新潟県、静岡県など各地から訪れた中学生~60代の80人が出場し、初夏の湖周を思い思いに走った。

 諏訪湖を存分に楽しもうと2013年に始まり、12回目。諏訪市の湖畔にある紅やマリーナ前を出発し、5キロのランニング、800メートルの足こぎボート、湖1周約16キロの自転車でタイムを競った。自転車の途中、岡谷市の釜口水門では同市内菓子店が提供する大福を食べるルールを設け、地元の食をアピールした。  足こぎボートは着順で2人一組となって紅やマリーナを出て、初島を回った。参加者は前に進もうと一生懸命ペダルを足でこぎ、桟橋に戻ってくると「きつい」の声も漏れた。  1時間3分ほどの記録でゴールした神奈川県小田原市の会社員、長谷川誠さん(42)は「走るのがきつかった。自転車で追い風に乗った時が気持ちいい」と話した。

 今年は7、9月にも予定している。実行委は「ボランティアで運営し、これまで事故が起きておらず非常にありがたい。起伏のないコースを自転車で走れるのは貴重な資源で、地域活性化に生かしたい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

ラグビーW杯 合宿のナミビア応援

 和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館で22日、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会に備えて同町で調整していたナミビア代表の1次リーグ初戦を応援するパブリックビューイング(PV)があった。試合...

荘内日報社

保育園児がせっけん作り  しな織の里・鶴岡市関川

 しな織の里・鶴岡市関川に隣接する木野俣の福栄保育園(五十嵐美智園長)で20日、シナノキの花を使用したせっけん作り体験が行われた。6月下旬にシナノキの花を摘み、乾燥などの作業を手伝った園児たちは、花を...

宇部日報社

山陽オート舞台裏探るツアーにファン歓喜【山陽小野田】

 産業観光バスツアー「山陽オートバックヤードを探る」は23日、山陽小野田市埴生の山陽オートレース場であり、全国から参加したオートファン22人がレースで使われる本物のバイクにまたがったり、走路内か...

秋の実り体感 幕別途別小の水田稲刈り

 幕別途別小学校(長尾全雅校長、児童27人)で24日、学校水田の稲刈りが行われた。秋晴れの下、児童は立派に実った稲を次々と刈り取り、収穫の喜びを味わった。  途別地区は十勝で最も早く稲作が始...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク