全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

観光パンフ3000部制作 路線バスツアーなど紹介 Chura★I

観光パンフレット「バスで巡る ふら~っと 石垣島」を制作した高校生プロジェクト「Chura★I」に参加した高校生ら=17日午前、石垣市役所

 石垣市の観光人材育成事業「Chura★I」に参加した八重山高校の生徒5人は、1年間の活動の集大成として、観光パンフレット「バスで巡る ふら~っと 石垣島」を3000部制作し、17日に市役所で発表した。パンフレットは市の観光PRに活用される。

 参加したのは小川秀雄君(19、3年)、村山ひまりさん(18、同)、石垣凛茄さん(18、同)、三村巴菜さん(17、2年)、山内琉大君(16、1年)。

 パンフレットのツアープランは、東運輸㈱の路線バスの路線を組み合わせ、1日かけて石垣島を一周するもの。▽川平のタバガービーチ▽伊原間のカフェ「伊原間 郷の駅」や、伊原間海岸のハート形の岩▽大浜のオヤケアカハチ像と売店「あだなす」▽サザンゲートブリッジから見る夕焼け▽新川のTシャツ屋「イチグスクモード」―などを巡り、地域の魅力を再発見できるツアーとなっている。パンフレットはA3サイズで、折りたたむとポケットにしまえるA6サイズになる。

 5人は昨年7月に東京で県外者、同11月に市内で市民を対象にアンケートを実施。調査結果から「観光客は市内の交通手段の少なさに不便を感じている」「地域住民は観光客の交通マナーの悪さを感じている」と分析し、バスツアー考案を企画。現地調査を重ね、パンフレットを作成した。

 石垣さんは「18年間島に住んでいながら知らないことだらけだった」と感想。山内君は「活動を通してもっと島のことが好きになった。みんなもこのパンフレットを通して島を好きになってほしい」と語った。

 パンフレットは市観光文化課窓口で配布されている。同事業は市が観光産業の人材育成を目的に、地元高校生に観光PRの取り組みを体験させるもの。ことしで4年目。

関連記事

荘内日報社

公益大の魅力紹介 HP特設 ウェブオープンキャンパス

 酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は、大学ホームページ(HP)に特設ページ「Webオープンキャンパス」をオープンした。新型コロナウイルス感染症の影響で対面型での実施が困難なことを受けての開...

紀伊民報社

過去10年で最高値 南高梅の市場初売り

 和歌山県のJA紀州が出荷した南高梅の今季初の市場販売が28日にあった。同JAによると、3L秀品(10キロ)が8100円で、過去10年でも最高値という。今年は不作傾向で引き合いが強いことが要因に...

安平の吉田牧場、競走馬の生産終了 テンポイントなど名馬を輩出

 1977年に春の天皇賞と有馬記念を制したテンポイントなど数多くの名馬を輩出した安平町の「吉田牧場」(早来富岡)が、競走馬の生産を終了することを明らかにした。代表を務め、元騎手でもある吉田晴雄さ...

快適クールビズ 暑さ自粛解除? 帯広

 クールビズが行われている官公庁では、夏日となった29日、職員は軽装で業務に当たった。  道が定めるクールビズの実施期間は25日から10月2日まで。ノーネクタイ、ノージャケットのほか、ポロシ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク