全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

シルク岡谷伝えるロールカーテン 蚕糸博物館

工女の姿を伝える写真が印刷されたロールカーテン=岡谷蚕糸博物館

岡谷市の岡谷蚕糸博物館に、岡谷商工会議所女性会(矢崎京子会長)が創立30周年記念事業の一環で寄贈した解説用のロールカーテンが設置された。製糸工場で働く工女の姿などを来館者に写真で伝える展示物。16日、女性会役員に使い方を紹介した同館の高林千幸館長は「岡谷の歴史を広く知ってもらうため有効に使わせてもらいます」と感謝した。

ロールカーテンは3枚で、同館エントランスに設置した。1枚は縦1・15メートル、横1・10メートルの大きさ。製糸工場が立ち並び煙突が林立する風景、工場の庭に所狭しと集合した大勢の若い工女たち、諏訪式繰糸機で作業する工女の姿―を写した明治中期~後期の3枚の写真をそれぞれに印刷。工場がひしめき、各地から工女が集まって一大製糸業地として発展した岡谷の姿をうかがい知ることができる。

高林館長によると、団体客などにシルク岡谷の概要を説明する際に、エントランスに飾られた「岡谷市鳥瞰図」(1936年)とともに活用。日頃は上部に格納し、必要な時にだけ印刷面を下げて使う。当時の写真を見てもらうことで「分かりやすく理解してもらえる」という。

同女性会は昨年10月に開いた記念式典の席上、高林館長に目録を贈呈していた。この日は役員4人が来館。矢崎会長は「シルク岡谷のPRに少しでも役立てばうれしい」と話していた。

関連記事

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

蒲郡で潮干狩りシーズン到来

 蒲郡市の三河湾沿岸部で、行楽用の潮干狩りシーズンが到来した。穏やかな天候となった26日には昼前後から大勢の家族連れらが干潟に入り、黙々とカマなどで貝を掘り当てた。  同市内では今月中旬から三...

長野日報社

卒園ほほえむタカトオコヒガンザクラ 伊那市山寺

長野県伊那市山寺の南信森林管理署の東側に植わるタカトオコヒガンザクラのつぼみがほころび始めている。市内保育園の卒園式があった25日はピンク色の花が青空に映え、近くの竜北保育園の卒園児たちを祝福...

長野日報社

アルパカ大人気 富士見の牧場が今季オープン

富士見町南原山の観光牧場「八ケ岳アルパカ牧場」が今季の営業を始めた。20日に開場し、3日間で昨季の2倍以上、約940人が来場し、盛況なスタートとなった。 新型コロナウイルスの感染拡大で営業の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク