全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

ウェブ学活で健康確認 遠隔会議システム活用 伊那市高遠中

遠隔会議システムを使ってウェブ学活をする伊那市高遠中学校の教員

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のために臨時休校中の伊那市高遠中学校が13日、遠隔会議システムを使った学級活動(学活)を試行した。学校と生徒の家庭を通信回線でつなぎ、全校6学級が、それぞれネットワーク上の教室で久しぶりの面談をした。

 「おはようございます。健康確認をしていきます。呼んだ人からマイクをオンにしてしゃべってください」。午前9時、担任の小坂美智男教諭の呼び掛けで3年2組のウェブ学活が始まった。顔を見せたのは23人中17人。誰もいない教室の教壇から、小坂教諭が生徒一人ひとりの表情を見ながら順番に声を掛けた。

 「〇〇さんおはようございます。この1週間はどうでしたか」

 「暇でした」

 「やることを見つけましょう。△△君、おはよう。答辞頑張って書いてますか…」

 突然の休校のため、卒業式で歌う合唱曲の練習も十分できなかった生徒たち。ウェブ学活ではネットを通して式歌を流し、合唱練習もした。

 予定していた30分はあっという間に過ぎた。「次に会うのは卒業式です。みんなが元気な顔で会えるのを楽しみにしています。さようなら」と会を閉じる小坂教諭。生徒たちは画面上の先生や友達に向かって「バイバイ」「さよなら」と手を振った。

 臨時休校に対するサポートプログラムで学校向けに無償提供されているサービスを活用した。市ICT活用教育推進センターでエリアコーディネーターを務める同校の足助武彦教諭は「夏休みよりも長い休みになってしまった今回の学習支援は未知の領域。このインフラを使って何ができるか、まずは体験してみることにした」と趣旨を話す。

 教員らは臨時休校が始まった3日以降、電話や既存の授業支援システムを使って生徒の体調確認や学習支援を行ってきたが、声や文字でのやりとりが中心だった。小坂教諭は「ずっと顔を見ていなかった生徒もいた。元気な様子を見られて安心した」と笑顔を見せた。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク