全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

スノーシューモニターツアー 原村と村観連

スノーシューモニターツアーでガイド方法を学ぶ受講生ら

 原村と村観光連盟は「エコツーリズムガイド」養成事業の一環で13日、「スノーシューモニターツアー」を富士見町の富士見パノラマスキー場で開いた。昨年11月に行ったエコツーリズムガイド講習会の修了生16人が参加し、講師の案内で実地でのガイド方法を学んだ。

 モニターツアーの講師は、原村観光連盟副会長で、山岳ガイドの石川高明さん(50)=同村=が務めた。山頂駅と入笠山山頂を往復するコースで、湿原やマナスル山荘を経ながらスノーシューでの散策を楽しんだ。石川さんは「今後はアシスタントとしてガイドの実力を高め、ツアーの企画も担ってほしい」と、受講生の今後に期待を寄せた。

 10年にわたりスノーシューガイドの経験があるという公文義博さん(68)=富士見町境=は「時間配分やさりげない気遣い、お客さんの安心感につながる話題提供などの仕方が勉強になった」と話した。茅野市地域おこし協力隊の喜多花野さん(31)は「スノーシューでの歩き方などポイントが聞けてよかった。さらに経験を積み、ガイド力を上げたい」と意欲を見せた。

 同村は、2016年度から3年計画でNPO法人日本エコツーリズム協会(東京)に業務委託し、自然や文化など地域資源を生かした「原村エコツーリズム」の確立やガイド養成に取り組んでいる。養成講座を修了し、モニターツアーに参加した参加者には「原村エコツーリズムガイド証」を発行。16年度は21人、17年度は30人が講座を修了。18年度はガイドツアーを企画するなど実践を積んでいく。

 モニターツアーは3月11日にも開く。

関連記事

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

朝ドラ「バターチャーン」脚光 ふるさと館の来館者急増 幕別

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」にも登場したバター製造の道具「バターチャーン」を所蔵する幕別町ふるさと館(町依田384ノ3)の来館者が伸びている。5月の来館者は239人で前年同月の2.6倍に。札...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

「納涼ビール電車」14日から運行

 豊橋の夏の風物詩「納涼ビール電車」(路面電車)が14日、豊橋鉄道の市内線で今季の運行を始める。冷たい生ビールを飲みながら、車窓からの街並みを眺められる。  今年で27周年を迎え、駅前電停から運動公園...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク