全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

スノーシューモニターツアー 原村と村観連

スノーシューモニターツアーでガイド方法を学ぶ受講生ら

 原村と村観光連盟は「エコツーリズムガイド」養成事業の一環で13日、「スノーシューモニターツアー」を富士見町の富士見パノラマスキー場で開いた。昨年11月に行ったエコツーリズムガイド講習会の修了生16人が参加し、講師の案内で実地でのガイド方法を学んだ。

 モニターツアーの講師は、原村観光連盟副会長で、山岳ガイドの石川高明さん(50)=同村=が務めた。山頂駅と入笠山山頂を往復するコースで、湿原やマナスル山荘を経ながらスノーシューでの散策を楽しんだ。石川さんは「今後はアシスタントとしてガイドの実力を高め、ツアーの企画も担ってほしい」と、受講生の今後に期待を寄せた。

 10年にわたりスノーシューガイドの経験があるという公文義博さん(68)=富士見町境=は「時間配分やさりげない気遣い、お客さんの安心感につながる話題提供などの仕方が勉強になった」と話した。茅野市地域おこし協力隊の喜多花野さん(31)は「スノーシューでの歩き方などポイントが聞けてよかった。さらに経験を積み、ガイド力を上げたい」と意欲を見せた。

 同村は、2016年度から3年計画でNPO法人日本エコツーリズム協会(東京)に業務委託し、自然や文化など地域資源を生かした「原村エコツーリズム」の確立やガイド養成に取り組んでいる。養成講座を修了し、モニターツアーに参加した参加者には「原村エコツーリズムガイド証」を発行。16年度は21人、17年度は30人が講座を修了。18年度はガイドツアーを企画するなど実践を積んでいく。

 モニターツアーは3月11日にも開く。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

長野日報社

遠照寺開創1200年記念に連鶴 富士連鶴の会が奉納

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺に3日、同寺開創1200年を記念し、連鶴49個が奉納された。連鶴は静岡県富士市の「富士連鶴の会」が制作。1枚の紙から作り、数羽の鶴がつながっている連鶴が、1200...

「道の駅とよはし」全建賞道路部門を受賞

 豊橋市東七根町の道の駅「とよはし」が、全日本建設技術協会による全建賞の道路部門を受賞した。 優れた社会基盤整備事業を表彰するもので、自転車ツーリング用のサイクルピットや、電動アシスト自転...

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク