全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

JAひまわりが「花と牛乳」コロナ影響の生産者支援

 新型コロナウイルスの影響が広がる中、豊川市のJAひまわり(権田晃範組合長)が生産者らを支援する対策に乗り出す。きょう13日は農家から買い取った洋花1500束を配布し、あす14日は在庫が増える牛乳などを特別販売する。  きょう13日午前9時から午後4時まで、市内にある本支店15カ所でバラとガーベラを合わせた長さ50㌢ほどの花束を無料配布。一人1本束まで。  年度末の3月は本来、バラやガーベラが祝福の機会に活用されるが、卒業式や結婚式、歓送迎会の中止が自粛が相次ぎ、花き類の価格が低迷。今月初旬にはバラ部会の売り上げが前年度比で4割近く減る事態となった。そこで同JAが生産者を支援するため、バラとガーベラを4500本買い取り、3本を1束にして無料配布する。  市内3カ所の温室でバラを栽培する同部会長の近田義之さん(44)は「4月になると出荷品目も増えるので、この状況が続くと心配。気分も落ち込む時だが、これを機会に花を楽しむきっかけになれば」と期待する。

 また、同JAは休校により、給食で出される牛乳の在庫が増え続けることを受けて、酪農家の支援も実施。あす14日午前9時から午後6時まで、市内3カ所のグリーンセンターで「雪印メグミルク牛乳」(1㍑)をヨーグルト付きで、通常より安価の税込200円で販売する。全体で1050㍑分で、各店で牛乳350本を用意する。  管内には13戸の酪農家がおり、豊川産の牛乳の約1割が学校給食用に使われている。出荷をバターや脱脂粉乳などの加工品向けに回して対応しているが、同JAには「休校が長期化すると困る」といった声も寄せられている。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク