全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

JAひまわりが「花と牛乳」コロナ影響の生産者支援

 新型コロナウイルスの影響が広がる中、豊川市のJAひまわり(権田晃範組合長)が生産者らを支援する対策に乗り出す。きょう13日は農家から買い取った洋花1500束を配布し、あす14日は在庫が増える牛乳などを特別販売する。  きょう13日午前9時から午後4時まで、市内にある本支店15カ所でバラとガーベラを合わせた長さ50㌢ほどの花束を無料配布。一人1本束まで。  年度末の3月は本来、バラやガーベラが祝福の機会に活用されるが、卒業式や結婚式、歓送迎会の中止が自粛が相次ぎ、花き類の価格が低迷。今月初旬にはバラ部会の売り上げが前年度比で4割近く減る事態となった。そこで同JAが生産者を支援するため、バラとガーベラを4500本買い取り、3本を1束にして無料配布する。  市内3カ所の温室でバラを栽培する同部会長の近田義之さん(44)は「4月になると出荷品目も増えるので、この状況が続くと心配。気分も落ち込む時だが、これを機会に花を楽しむきっかけになれば」と期待する。

 また、同JAは休校により、給食で出される牛乳の在庫が増え続けることを受けて、酪農家の支援も実施。あす14日午前9時から午後6時まで、市内3カ所のグリーンセンターで「雪印メグミルク牛乳」(1㍑)をヨーグルト付きで、通常より安価の税込200円で販売する。全体で1050㍑分で、各店で牛乳350本を用意する。  管内には13戸の酪農家がおり、豊川産の牛乳の約1割が学校給食用に使われている。出荷をバターや脱脂粉乳などの加工品向けに回して対応しているが、同JAには「休校が長期化すると困る」といった声も寄せられている。

関連記事

荘内日報社

学生生活スタートを実感 公益大で対面型授業 一部開始

 新型コロナウイルス感染予防のため今年4月からオンラインによる遠隔授業を展開している酒田市の東北公益文科大学(神田直弥学長)は2日、キャンパス内の教室を活用した対面型授業を一部開始した。これまで画面...

紀伊民報社

飲食街にも明かり ぼちぼち再開

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため営業を自粛していた飲食店が、6月に入り続々と再開している。県内有数の飲食街である和歌山県田辺市湊の「味光路」にも、明かりがともり始めた。感染症対策をしつつ、...

足取られ…田植え実感 新得小

 新得小学校(合掌浩孝校長、児童211人)の5年生36人が2日、共働学舎新得農場で田植えに挑戦した。  同校では5年生の総合学習で、田植えから収穫、調理まで一貫して稲作について学ぶ。田植えの大...

宇部日報社

フェンスに傘やてるてる坊主で梅雨をテーマに飾り付け

 社会福祉法人むべの里中山(隅田典代理事長)の駐車場脇のフェンス(高さ1㍍20㌢、幅30㍍)に、季節感あふれる飾りが取り付けられた。色とりどりの傘33本と、愛らしいてるてる坊主73個が並び、行き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク