全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

エアバッグやシートベルト活用し考案 「救命浮輪」実用化目指す

 海洋生物の保全活動に取り組んでいるNPO法人「みなと研究会」(酒田市)の守屋元志代表理事(72)=同市上安町一丁目=が考案した、廃車のエアバッグとシートベルトを使った「救命浮輪」の耐久テストが10日、酒田北港内で行われた。年内いっぱいテストを繰り返し、耐久性や強度などを確認する方針。

 「救命浮輪」は、庄内地域でも甚大な被害が出た一昨年8月の豪雨災害を受け、守屋代表理事が山形県自動車販売店リサイクルセンター(山形市、遠藤榮次郎社長)と共に開発を進めているもの。

 2012年度から3カ年、県の「ごみゼロやまがた推進県民会議」委員を務めた経歴を持つ守屋代表理事は今回、廃車部品のリサイクルに向けてエアバッグとシートベルトに着目。ビニール浮輪をエアバッグの布で覆った救命浮輪は、複数の人がつかめるようシートベルトで作った取っ手を周囲4カ所に配置しているのが特長。「ビニール浮輪だけでは流木などがぶつかった際に破れてしまう。エアバッグで包むことで強度が増す」(守屋代表理事)という。昨年6月の試作品発表後、取っ手をつかむことができない幼児が輪の中に入った際、落下しないよう防止用ネットを取り付けるなど改良を重ねてきた。

 この日のテストでは、落下防止用ネットに約30㌔の重りを入れ、ユニック車でつり上げたり、海水面に浮かべるなどして「救命浮輪」の耐久性や強度を確認。雨の降る中、守屋代表理事はじめ研究会メンバーは真剣な表情でテストを繰り返していた。

救命浮輪の耐久テストを行う守屋代表理事

 今後、テストを繰り返し検討を重ねて実用化を目指すという。守屋代表理事は「人の命を守ってきたエアバッグ、シートベルトが、『第二の人生』でも浸水害から命を守ることになる。有事に備え、早急に実用化を目指したい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク