全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪湖定期調査始まる 信大の臨湖実験所

諏訪湖の中心部で毎年行われている信州大学の定期調査。今年の調査初日は西風が吹く中で協力して行われた

 信州大学理学部湖沼高地教育研究センター諏訪臨湖実験所(諏訪市湖岸通り)の学生が主体となって毎年3~12月に原則隔週で行っている諏訪湖定期調査の今年の調査が11日、始まった。大学生、大学院生と教員の計6人が岸から約2.5キロ離れた湖中心部付近で水質を観測した。

 定期調査は1977年から続いており、5年ごとに結果をまとめている。今年最初の調査は強い西風が吹く中で行われた。舟に乗り込んだ学生らは、水しぶきが上がる中、調査地点に向かい、専用の器具を使って水質を慎重に調べていた。この日の水温は7度。透明度の調査は直径30センチの白い板を使って行い、測定した学生5人の平均値は約1.7メートルだった。

 宮原裕一教授は「先輩たちが長年、時に苦労しながら諏訪湖の調査を続けてきた。学生たちには、調査を担うことで過去の観測記録を使用する重みを感じてほしい。今後の研究にも生きると思う」と話した。

 大学3年の前田健吏さん(22)=松本市=は「自らの研究のための観測を湖上で行ったことはあるが、長年継続され、後世に残る諏訪湖のデータを調査したのは今回が初めて。これまで以上に緊張感を持って臨めた」と話していた。

関連記事

新ユニホームに十勝の特産 北海道十勝スカイアース

 社会人サッカーチームの北海道十勝スカイアースの今季の新ユニホームが2日、決まった。メインのユニホームは、昨年同様に十勝晴れをイメージするスカイブルーを基調にしているが、新たに上着の前後の中央に白...

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク