全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

貨幣に関する歴史「時の金なり」展

 豊川市桜ヶ丘ミュージアム1階の第5展示室で、ミニ企画展・歴史資料のさまざま「時の金なり」が開催されている。15日まで。  同館の収蔵品から硬貨や紙幣といった貨幣に関する約80点を展示。12世紀半ばに中国から流入した渡来銭や、江戸時代に庶民に親しまれた「寛永通宝」、薩摩藩が琉球(沖縄)を救済するため銭造した「琉球通宝」などが並ぶ。  寛永通宝は銅製だったが、銅が不足すると鉄で作られた「四文銭」が広まったり、京都・方広寺の大仏をつぶして作られた「大仏銭」など、素材が時代を反映していることが分かる。戦時中には金属が軍事物資として使われ、硬貨も銀から白銅、アルミ、錫(すず)、そして紙幣へと変わっていったことも紹介されている。

豊川ゆかりの絵銭も

 貨幣ではないが、記念品やお守りとして江戸時代から昭和初期にかけて作られた「絵銭」も展示。「三州豊川」や「豊川福宝」などの文字とキツネのイラストが刻まれ、豊川稲荷の境内や門前で売られていたと考えられている。  会場には企画展に関するワークシートも置かれ、全問正解者にはプレゼントが用意されている。

関連記事

長野日報社

商店街「そっと」彩る七夕飾り 諏訪市末広

長野県諏訪市の末広連合商業会(長谷川佳史会長)は6日、七夕飾りを作り、商店街の街路灯に取り付けた。例年約3000人の人出でにぎわう恒例の七夕祭りは新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止したが...

カンムリワシ号を運航 JTAが八重山球児の活躍祈念 県高校野球

 日本トランスオーシャン航空(JTA)は、4日開幕の「2020沖縄県高等学校野球夏季大会」に出場する八重山3高校の球児と監督、保護者らを乗せたチャーター便「カンムリワシ号」を3日午前、運航させ...

長野日報社

諏訪湖サマーナイト花火 8月1日から開催

諏訪観光協会と諏訪湖温泉旅館組合でつくるサマーナイト花火実行委員会は26日、諏訪市の諏訪湖で花火を連日打ち上げる「諏訪湖サマーナイト花火」を8月1日から22日までの22日間、3密対策を講じた上で開...

八重山で「部分日食」 全体の9割以上欠ける 国内最大

 月が太陽の前を横切ることで太陽が一部欠けて見える「部分日食」が21日午後、全国各地であり、八重山では太陽が90%以上も欠けて見える国内最大の部分日食が観測できた。NPO法人八重山星の会(通事安夫会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク