全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

田原から女子プロ野球選手誕生

愛用のキャッチャーミットを構える青木さん=田原市内で

 田原市から女子プロ野球選手が誕生した。至学館高校(名古屋市)3年で、女子硬式野球部元主将の青木悠華さん(18)=同市立東部中学校卒業。身長149センチ、右投げ・左打ちの捕手。関係者によると、市内からは史上初めて。夢を実現させた青木さんは「女子プロ野球のおかげで私は夢を持つことができた。レギュラーを勝ち取りたいのはもちろんですが『女の子でも、小さな体でも野球はやれるんだよ』ということを証明したい」と笑顔を見せる。  父と兄の姿を見て、小学2年生から地元の神戸スポーツ少年団で野球を始めた。中学でも野球を続ける意思はあったが、事情により女子ソフトボール部に。上級生が引退し、捕手が不在となったところ、監督に強肩を買われ「チームのために貢献できる」(青木さん)と迷いなく捕手へ転向した。「ソフトボールは楽しかったけど、本当は『野球、いいなあ』と思ってました」。同じグラウンドで練習する野球部の風景が目に浮かぶ。  野球への熱は高まり、進学先は女子硬式野球部があるかないかで考えた。「野球がやれるなら頑張ろうと思えた」と、猛勉強の末に学力特待生で至学館へ。しかし、思い描いていた高校野球生活は度重なる故障に悩まされ、鳴かず飛ばず。レギュラーの定着も飛び石だったという。  それでも、野球への熱は冷めなかった。初めて女子プロ野球の試合を観戦したのは中学2年。「女子でも野球やっていいんだ」と思った。既に高校時代にはプロの世界へという決意は固く、夢は明確だった。  昨年夏に挑戦した入団テストは1次で落選。諦めかけたが、ずっと夢見ていた女子プロ野球の世界。再挑戦した11月のテストは1次を通過し、2次の紅白戦では捕手として4打席3打数2安打1四球と躍動した。「とにかく楽しくて。やりたいようにやろうと思いました。開き直って純粋に楽しめたので、緊張もなかったです」。見事、合格を果たした。  彦坂良和・神戸スポーツ少年団総監督は、小学校時代の青木さんをこう振り返る。「根性があったし、スローイングも正確だった」。芯を外さない打撃センスもあったという。青木さんが「泣きながらノックを受けていた」ことを懐かしむ。チームメイトに「みんで勝ちたくて」と手首に巻くミサンガを手作りしてプレゼントしたこともあった青木さん。「努力家で思いやりのある優しい子。チームの一員として、礼儀をわきまえつつ、体を大切にレギュラーを目指してほしい」と教え子の活躍に目を細める。  日本女子プロ野球機構(JWBL)の方針で原則2年間、京都の育成球団「レイア」に青木さんは所属。「しっかりと投手をリードできる捕手。盗塁をばんばん刺して、チームを助け、チームを支えられる捕手になりたい」と理想の選手像に向けて一歩を踏み出す。

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク