全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

聖火掲げ勇気を 千葉絵里菜さん 車いす降り歩行器で 東京

 帯広市出身のNHKパラリンピック放送リポーター千葉絵里菜さん(25)=東京都在住=が東京五輪の聖火ランナーに選ばれ、道内を走る。脳性まひで両手両足が不自由となり、電動車いすで生活するが、聖火ランナーでは歩行器で歩く。「挑戦する姿を見せることで、特に障害のある子どもたちに勇気を与え、可能性は無限大との気持ちを伝えたい」と意気込んでいる。

「子どもたちに勇気を与えたい」と意気込む千葉さん

 千葉さんは1歳で行った生体肝移植で脳性まひに。帯広栄小、帯広第一中、江陵高と普通学級で学び、札幌学院大学を卒業した。聖火ランナーは大会組織委に応募して選ばれた。道内(6月14、15日)を走ることは決まっているが、具体的な区間は未定。

 これまでのさまざまな経験が、応募の理由となった。普通学級に通ったが、体育の授業は見学を余儀なくされ、「工夫すれば参加できるのに、悲しかった」と振り返る。一方で、階段の昇降を同級生が手伝うなど、千葉さんとの交流で周囲の障害への理解が深まったとも感じた。

 スポーツへの思いも強い。車いすカーリングなどを通して、人と競い、協力する大切さを学び、生き生きとプレーする仲間の姿に勇気をもらった。

 歩行器は普段の生活では使わず、番組の取材で体験すると、左足の力が強すぎて真っすぐに歩けなかった。聖火ランナーは200メートルを2分以内で走るため、今月から筋肉の動きなどを検査し、トレーニングを始める。

 心強い味方もいる。伴走を務める母久美子さん(60)の存在だ。久美子さんの肝臓を移植した千葉さんは「立派な肝臓と医師から言われる。母がいるから今の私がいる。聖火ランナーは人生一度きりの体験で、伴走は母にお願いしたかった」。久美子さんに内緒で応募し、ランナーに決まったと伝えると驚かれたが、「ありがとう」と温かい言葉を贈られた。

 聖火ランナー決定は、十勝の仲間もわが事のように喜び、千葉さんの勇姿を見るため駆けつける予定だ。千葉さんは「いろいろな人に支えられてきた。聖火ランナーは光栄で、多くの人に見てもらい、思いを伝えたい」と話す。

関連記事

渡り途中に一休み ベニバト飛来 市内

 国内で見られるハトの仲間で最も小さいベニバトの群れが22日、石垣市内の田んぼで観察された。  ベニバトは、体長約23㌢で八重山に留鳥として生息する国の天然記念物のキンバト(全長25㌢)より小さい...

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

  今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を...

長野日報社

長野県諏訪市にアサギマダラ飛来の名所を フジバカマの花畑づくり3年

 諏訪市四賀普門寺の白狐公園横の畑にアサギマダラが飛来する花畑をつくる取り組みが行われている。国内外でチョウの採集をしているチョウ愛好家の伊藤春行さん(67)=同市中洲下金子=の呼び掛けで3年前...

荘内日報社

野球好きの女子集まれー!!(酒田ビクトリーガールズ)スポ少で育ち中学でも続..

 酒田地区野球連盟(池田藤悦会長)は、酒田、遊佐両市町の女子中学生を対象にした軟式野球チーム「酒田ビクトリーガールズ」を立ち上げ25日午後、同市の旧酒田工業高グラウンドで初練習を行った。県内の連盟と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク