全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

新型コロナウイルスの影響で献血者減、受付時間を延長へ

献血に協力するクラブ員(やまぐち献血ルームFor youで)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、県内で献血に協力する人が減少している。イベントの中止や企業の自粛により会場に献血バス(移動採血車)を派遣できなくなったことが主な要因。県赤十字血液センターは、9日から27日まで献血ルームの平日の受付時間を30分延長し午後6時10分まで対応する。「安定的な血液確保に協力を」と呼び掛けている。    同センターによると、献血者の減少は、政府が感染防止対策の基本方針を示した2月25日以降に深刻化。2月半ばまでは計画通りに血液を確保できていたが、25日から3月3日までの8日間では、計画に対して127人分の献血が不足し、確保できた血液量は計画の85%にとどまった。    県では毎月約60台の献血バスを巡回させ、月に約3600人分の血液を確保しているが、現段階で3月に派遣予定だった十数カ所の会場で中止や延期が出ている。それにより約550人分の血液の確保が困難な状況になっているという。    同センター血液推進課の草刈正課長は「全国的に血液が不足する深刻な状況に陥るのでは」と懸念する。    5日、山口ライオンズクラブ(中野太郎会長)は山口市野田のやまぐち献血ルームFor youを終日貸し切り、クラブ員ら102人が献血に協力した。1日100人の献血を目標に1967年から年に2回実施している。市内の会社員、岡村啓治さん(55)は「衛生面がきちんと管理されているので安心して献血できた」と話した。    草刈課長は「職員の健康チェックや会場入り口での手指消毒などを徹底している。安心して来場してもらいたい」と呼び掛けている。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク