全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

新型コロナウイルスの影響で献血者減、受付時間を延長へ

献血に協力するクラブ員(やまぐち献血ルームFor youで)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、県内で献血に協力する人が減少している。イベントの中止や企業の自粛により会場に献血バス(移動採血車)を派遣できなくなったことが主な要因。県赤十字血液センターは、9日から27日まで献血ルームの平日の受付時間を30分延長し午後6時10分まで対応する。「安定的な血液確保に協力を」と呼び掛けている。    同センターによると、献血者の減少は、政府が感染防止対策の基本方針を示した2月25日以降に深刻化。2月半ばまでは計画通りに血液を確保できていたが、25日から3月3日までの8日間では、計画に対して127人分の献血が不足し、確保できた血液量は計画の85%にとどまった。    県では毎月約60台の献血バスを巡回させ、月に約3600人分の血液を確保しているが、現段階で3月に派遣予定だった十数カ所の会場で中止や延期が出ている。それにより約550人分の血液の確保が困難な状況になっているという。    同センター血液推進課の草刈正課長は「全国的に血液が不足する深刻な状況に陥るのでは」と懸念する。    5日、山口ライオンズクラブ(中野太郎会長)は山口市野田のやまぐち献血ルームFor youを終日貸し切り、クラブ員ら102人が献血に協力した。1日100人の献血を目標に1967年から年に2回実施している。市内の会社員、岡村啓治さん(55)は「衛生面がきちんと管理されているので安心して献血できた」と話した。    草刈課長は「職員の健康チェックや会場入り口での手指消毒などを徹底している。安心して来場してもらいたい」と呼び掛けている。

関連記事

豊橋・藤ノ花女子高で針供養 豪華なひな段にお供えも

 豊橋市老松町の藤ノ花女子高校は26日、「針供養・ひなまつり」行事を開いた。針供養は前身の「豊橋裁縫女学校」創立(1902年)以来続く。全校生徒が役目を終えた針に感謝した。  生徒に優しさや感...

家族集い墓前で「正月」 郡内各地で十六日祭

 あの世(グショー)の正月と言われる十六日祭(ジュールクニチー)が25日(旧暦1月16日)、郡内各地で催された。家族や親戚らが集まり、墓前でオードブルや花、酒などを供えて家族の健康や子孫繁栄を願った...

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク