全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

新型コロナウイルスの影響で献血者減、受付時間を延長へ

献血に協力するクラブ員(やまぐち献血ルームFor youで)

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、県内で献血に協力する人が減少している。イベントの中止や企業の自粛により会場に献血バス(移動採血車)を派遣できなくなったことが主な要因。県赤十字血液センターは、9日から27日まで献血ルームの平日の受付時間を30分延長し午後6時10分まで対応する。「安定的な血液確保に協力を」と呼び掛けている。    同センターによると、献血者の減少は、政府が感染防止対策の基本方針を示した2月25日以降に深刻化。2月半ばまでは計画通りに血液を確保できていたが、25日から3月3日までの8日間では、計画に対して127人分の献血が不足し、確保できた血液量は計画の85%にとどまった。    県では毎月約60台の献血バスを巡回させ、月に約3600人分の血液を確保しているが、現段階で3月に派遣予定だった十数カ所の会場で中止や延期が出ている。それにより約550人分の血液の確保が困難な状況になっているという。    同センター血液推進課の草刈正課長は「全国的に血液が不足する深刻な状況に陥るのでは」と懸念する。    5日、山口ライオンズクラブ(中野太郎会長)は山口市野田のやまぐち献血ルームFor youを終日貸し切り、クラブ員ら102人が献血に協力した。1日100人の献血を目標に1967年から年に2回実施している。市内の会社員、岡村啓治さん(55)は「衛生面がきちんと管理されているので安心して献血できた」と話した。    草刈課長は「職員の健康チェックや会場入り口での手指消毒などを徹底している。安心して来場してもらいたい」と呼び掛けている。

関連記事

静けさの中、片付け 帯広・藤丸閉店から一夜

 122年間の営業を終えた帯広の百貨店・藤丸では1日、静まりかえった館内で片付けが始まった。  食器など生活雑貨を販売していた5階フロアでは、食器やタオルなど商品を袋や段ボールに詰める作業が...

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク