全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

陸別産オウギ葉のお茶好評 薬用植物事業商品化第2弾

 昨年12月に「高麗人参飴(あめ)」の販売を開始した、陸別町の薬用植物栽培研究事業による商品化の第2弾が完成した。町産のキバナオウギの葉を使ったお茶で、1月から販売を開始した。

販売を開始した「しばれる町の焙煎黄耆葉茶」と日向さん

 オウギの葉で入れるお茶は、中国をはじめ国内でも「ペイチー茶」の名で飲まれている。今回の事業では葉を乾燥、焙煎(ばいせん)したものを提供。販売するにあたり、安全性などの根拠を求めるため道立オホーツク圏地域食品加工技術センター(北見市)の協力の下、機能性や成分に関する調査も実施。試作品は町内外で試飲会を行い、問い合わせも受けるなど反響が大きかったという。

 商品名は「しばれる町の焙煎黄耆葉茶(おうぎはちゃ)」。第1弾として販売した高麗人参飴のレトロ風パッケージデザインを踏襲した。オウギ本来の風味を生かした豆茶のような香ばしさとすっきりした後味が特徴。開発を担当した町地域おこし協力隊の日向優さんは「葉の焙煎時間や抽出方法にもこだわった」と話す。

 町のチャレンジプロジェクトの一つとして、薬用植物の栽培から商品開発までを行う事業は6年目で花開いた。日向さんは町産の薬用植物が認知されてきているとし、「他にもいろいろな植物を作っているので、組み合わせるなどして新しい商品化に向け挑戦したい」と力を込める。

 道の駅オーロラタウン93りくべつ内の観光物産館で扱う。ティーバッグ2個入り200円。

関連記事

長野日報社

直売所の味を全国へ 八ケ岳農業実践大が通販サイトオープン

八ケ岳中央農業実践大学校(原村)で製造・販売されている加工品を専門に扱う通販サイトがオープンした。同校オリジナル商品のアイスクリームやヨーグルト、卵などをインターネット上で購入できる。新型コロ...

長野日報社

豚肉ソーセージ試作 上伊那農業高校畜産班が新商品開発へ活動

上伊那農業高校(南箕輪村)の畜産班が、鹿肉や地場産牛肉などを使った新商品の開発に向けて活動を始めた。22日は基礎学習のための実習を同校で行い、生徒らが豚肉を使ったソーセージを試作。校内にある機...

東京で「牧草ロール」 新作を発表 満寿屋商店

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は18日午前、新商品のクロワッサン「牧草ロール」を発表した。25日にオープンする東京都内の自由が丘・東急フードショースライス店のみで販売する。...

芽室産原料で新ワイン 20日から販売

 めむろワイナリー(尾藤光一代表)は12日、芽室産ブドウ100%使用の2019年産の新作ワイン「大地の序章」と「豊穣(ほうじょう)の序章」を発表した。大地の-は20日から数量限定で販売する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク