全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

卒業生静かに旅立ち 予定変更で急きょ

 政府が全国の小中学校や高校、特別支援学校を3月2日から臨時休校にするよう求めたことを受けて、和歌山県紀南地方の多くの高校が28日に急きょ、卒業生に卒業証書を授与した。本来は式を3月2日に予定していた。

卒業証書を受け取る生徒代表(28日、田辺市文里2丁目の神島高校で)

 田辺市文里2丁目の神島高校(村岡宏起校長)では、経営科学科121人、普通科118人が卒業した。  この日、在校生は定期考査中。そのため、試験監督官以外の教員と卒業生のみが参加し、体育館で卒業証書の授与式を実施した。全員マスクを着用した。  教頭が経緯を説明。「残念だが、気持ちのこもった授与式にしましょう」と呼び掛けた。担任教諭が一人一人名前を呼ぶと卒業生は静かに起立し、各科の代表生徒が村岡校長から卒業証書を受け取った。  村岡校長は式辞で「3年間、保護者の方々ら周囲の支えがあったことを忘れないで。身に付けた知識を基に最善の行動ができる人になってください。社会に出て充実した人生を送れるよう、夢や希望を持って日々をすごしましょう」と語り掛けた。  経営科学科の卒業生は「卒業式ができないのは悲しいが仕方ない。先生方は最善の対応をしてくれたと思う」と納得した様子だった。  同校によると、27日午後8時半ごろ、県教育委員会から電話があり、その後文書で通知があった。あらかじめ式の簡略化は予定していたが、改めて夜のうちに準備して間に合わせたという。

在校生や保護者がいない卒業式で、入場する卒業生(28日、上富田町朝来の熊野高校で)

 上富田町朝来の熊野高校(鈴木孝夫校長)は校内放送で表彰や校長の言葉、在校生の送辞と卒業生の答辞を済ませた後、体育館で卒業生と教員だけで卒業証書授与式をした。保護者には同日朝、メールで伝えた。
 同校の卒業生は総合学科155人、看護科36人、専攻科26人。午前9時すぎ、全校生徒が各教室で放送を聞き、校歌や学校の応援歌を歌った。その後、3年生は体育館へ移動。担任教諭が「在校生や保護者ら見届けてくれる人はいないけど、気持ちを込めて、立派な態度で最高の卒業式にしよう」と呼び掛けた。卒業生はぎりぎりで間に合ったというコサージュを胸に着け、全員がマスクを着用して入場。各クラスの代表生徒が鈴木校長から卒業証書を受け取った。
 総合学科の男子卒業生は「気持ちの整理ができておらず卒業式という実感はないけど、今できることを精いっぱいしたい」と受け入れていた。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク