全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

工業団地に植物工場進出、宇部市と協定

握手を交わす木村社長、伊藤企業立地統括監、久保田市長(左から、市役所で)

 山口県宇部市と、先端技術で農産物の生産と加工を行うRPGプラント(木村俊之社長、防府市)は11日、宇部テクノパーク進出協定を結んだ。同社にとって初の植物工場の建設となり、15日に着工し、9月から操業を開始する。市独自の企業誘致施策である市イノベーション大賞にも認定され、操業後に奨励金5780万円(予定額)が交付される。

 調印式は、県商工労働部の伊藤孝志企業立地統括監の立ち会いの下、市役所で行われ、久保田后子市長は「持続可能な生産と販路の確保は、地域発の革新的なビジネスモデル。地元経済や雇用創出にも期待している」とあいさつ。木村社長は「最新鋭の工場で、高品質、高栄養価の野菜を生産する。食の安心安全のイノベーションを宇部から発信したい。工場内に見学スペースを設け、小・中学生の食育にも貢献したい」と語った。

 同社は、山口大発のベンチャー企業であるMOT総合研究所(常盤台2丁目)と、県内を中心にスーパーを展開する丸久(防府市)の共同出資会社。同テクノパークの敷地に、発光ダイオード(LED)を用いた完全人工光型工場を設置し、レタスを主とした野菜類の栽培、加工品の生産、販売を手掛ける。工場は鉄骨平屋建てで、生産量はレタス換算で1日当たり2600株。設備投資額は約4億7000万円。従業員数は、新規の14人を含めた18人を予定。生産品は、丸久が属するリテールパートナーズグループのプライベートブランド商品として、傘下の257店で販売される。年間売り上げは、1億4000万円を見込んでいる。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク