全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

チェコ、アルゼンチンから40人 帯広市、パラ合宿受け入れ

 帯広市は、東京パラリンピック選手団の事前合宿地として、チェコ、アルゼンチンの2カ国の選手を受け入れる。競技はボッチャ、卓球、水泳の3種目。選手・スタッフ合わせて約40人が訪れる。人数や合宿会場などの詳細は調整中で、正式決定後に協定を結ぶ。

合宿の受け入れを想定している帯広市総合体育館(左)

 受け入れ期間は、8月3~17日、水泳競技は帯広の森市民プール「スインピア」、ボッチャと卓球は市総合体育館「よつ葉アリーナ十勝」または帯広の森体育館を想定している。

 各国選手団は競技環境などを調査し、それぞれ日本国内合宿地を選考。帯広市には2カ国から要請があった。

 大会直前合宿となるため競技練習が優先されるが、ホストタウンとして採火式(8月13~15日)や日本文化体験など地域住民との交流イベントへの参加を提案する予定。

 市教委は「選手団が競技に集中できるように、関係機関と相談しながら必要なサポートを準備していく」(スポーツ振興室)としている。

 道内では、釧路市がベトナム選手団のパワーリフティングと陸上競技、札幌市がウクライナ選手団のゴールボール競技のホストタウンに決まっている。

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク