全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

スタインウェイ修復作業始まる

修復作業に当たる加藤さん(記念会館で)

 宇部市の記念会館に展示されている壊れたスタインウェイピアノをよみがえらせるプロジェクト「伝説のピアノ復活計画」の本格的な修復作業が26日、同会館ロビーでスタートした。オーストリア・ウィーン在住のピアノ修復家、加藤嘉尚さんが10日間滞在して、劣化した部品の交換から内部のクリーニング、破損部分の補修まで、全面的な修復作業が行われる。

 世界最高峰ピアノメーカー、スタインウェイ&サンズ社製で、1923(大正12)年に宇部興産の創業者、渡辺祐策らにより新川小に寄贈されたグランドピアノ。大空襲の火の手を奇跡的に逃れ、戦後のまちの文化復興を支えてきたが、壊れたまま忘れ去られていた。

 2012年、ピアノ復活を目指すSAKI-DORIプロジェクト(真部尚志代表)が発足。21年の市制100周年を目標にプロジェクトを進めてきた。    初日の作業では鍵盤や弦、ハンマーなどの部品をすべて取り外して解体し、内部を丁寧に清掃。10日間で、湿気でさびた弦を新品に取り換え、消耗し劣化したハンマーフェルトなどもドイツで新調したものに交換する。失われていたペダル部分の支柱は、加藤さんが自作した。音律を決める内部構造のゆがみやずれも細かくチェックし、オリジナルのスタインウェイに近い状態に調整する。    真部代表は「90年以上の宇部の文化、歴史、人々の思いが詰まったピアノ。企画が始動して約8年、ようやく作業に取り掛かれて感慨深い。再び音を奏で、貴重な財産を次世代につなげるよう一歩ずつ進んでいきたい」と話した。  

関連記事

紀伊民報社

大雨で民家や道路に被害 田辺市本宮町

 和歌山県田辺市本宮町で13~14日に降った大雨は、民家や道路に被害をもたらした。大雨の爪痕が残る現場を17日に訪ねた。  「本当にすごい雨だった」。本宮町本宮の男性(80)は振り返る。14日...

荘内日報社

全中サッカー開幕 庄内8会場で32チーム熱戦

 「第53回全国中学校サッカー大会」が18日、庄内8会場で始まった。全中サッカーが庄内で開催されるのは1988年以来、34年ぶり。鶴岡市の小真木原陸上競技場では1回戦で前年度優勝の神村学園中等部(鹿児島)が登...

海産物ロードをパレード 白老町虎杖浜越後踊り保存会  白老

白老町虎杖浜で17日、送り盆の伝統行事「虎杖浜越後盆踊り」が行われ、白老町虎杖浜越後踊り保存会(南昌宏会長)による踊りのパレードや灯籠流し、打ち上げ花火で先祖の霊を送った。パレードでは保存会の会員...

バイオガスからLPガス 鹿追町と古河電工 製造試験

 鹿追町と古河電工(東京、小林敬一社長)は18日、地域資源を最大限利活用した脱炭素・循環型社会の実現に向けた包括連携協定を締結した。同町中鹿追で家畜ふん尿由来のバイオガスからLPガスを合成し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク