全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

スタインウェイ修復作業始まる

修復作業に当たる加藤さん(記念会館で)

 宇部市の記念会館に展示されている壊れたスタインウェイピアノをよみがえらせるプロジェクト「伝説のピアノ復活計画」の本格的な修復作業が26日、同会館ロビーでスタートした。オーストリア・ウィーン在住のピアノ修復家、加藤嘉尚さんが10日間滞在して、劣化した部品の交換から内部のクリーニング、破損部分の補修まで、全面的な修復作業が行われる。

 世界最高峰ピアノメーカー、スタインウェイ&サンズ社製で、1923(大正12)年に宇部興産の創業者、渡辺祐策らにより新川小に寄贈されたグランドピアノ。大空襲の火の手を奇跡的に逃れ、戦後のまちの文化復興を支えてきたが、壊れたまま忘れ去られていた。

 2012年、ピアノ復活を目指すSAKI-DORIプロジェクト(真部尚志代表)が発足。21年の市制100周年を目標にプロジェクトを進めてきた。    初日の作業では鍵盤や弦、ハンマーなどの部品をすべて取り外して解体し、内部を丁寧に清掃。10日間で、湿気でさびた弦を新品に取り換え、消耗し劣化したハンマーフェルトなどもドイツで新調したものに交換する。失われていたペダル部分の支柱は、加藤さんが自作した。音律を決める内部構造のゆがみやずれも細かくチェックし、オリジナルのスタインウェイに近い状態に調整する。    真部代表は「90年以上の宇部の文化、歴史、人々の思いが詰まったピアノ。企画が始動して約8年、ようやく作業に取り掛かれて感慨深い。再び音を奏で、貴重な財産を次世代につなげるよう一歩ずつ進んでいきたい」と話した。  

関連記事

十勝200キロ走破に挑戦 トカプチ400の一部走行 「ブルベ」

 超長距離サイクリングイベント「ブルベ」を企画するオダックスジャパン北海道(札幌)は17日、十勝を舞台に「ブルベ十勝200」を開いた。帯広を発着点に広尾など9市町村、約200キロを走るイベント...

長野日報社

2年ぶりイルミ輝く 長野県南箕輪村の大芝高原で「フェス」開幕

 長野県南箕輪村の大芝高原で16日、秋空を彩る「第16回大芝高原イルミネーションフェスティバル」(同実行委員会主催)が始まった。昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で中止したため、2年ぶりの開催。...

市立図書館 車両稼働を記念し 「こっかあら号」公開

 新移動図書館こっかあら号稼働記念として移動図書館展を開いている石垣市立図書館は16日、関連イベントとして同館前で「こっかあら号」を市民に特別公開した。  同企画は移動図書館の巡回コースに入って...

北羽新報社

天空の不夜城デザイン 能代駅で「駅カード」配布

 JR秋田支社は、16日から能代駅を含む3駅で「駅カード」の配布を開始した。駅情報や人気の列車の絵などを盛り込んだデザインで、今回が第5弾。改札口で受け取ることができる。配布期間は来年2月27日まで...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク