全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

スタインウェイ修復作業始まる

修復作業に当たる加藤さん(記念会館で)

 宇部市の記念会館に展示されている壊れたスタインウェイピアノをよみがえらせるプロジェクト「伝説のピアノ復活計画」の本格的な修復作業が26日、同会館ロビーでスタートした。オーストリア・ウィーン在住のピアノ修復家、加藤嘉尚さんが10日間滞在して、劣化した部品の交換から内部のクリーニング、破損部分の補修まで、全面的な修復作業が行われる。

 世界最高峰ピアノメーカー、スタインウェイ&サンズ社製で、1923(大正12)年に宇部興産の創業者、渡辺祐策らにより新川小に寄贈されたグランドピアノ。大空襲の火の手を奇跡的に逃れ、戦後のまちの文化復興を支えてきたが、壊れたまま忘れ去られていた。

 2012年、ピアノ復活を目指すSAKI-DORIプロジェクト(真部尚志代表)が発足。21年の市制100周年を目標にプロジェクトを進めてきた。    初日の作業では鍵盤や弦、ハンマーなどの部品をすべて取り外して解体し、内部を丁寧に清掃。10日間で、湿気でさびた弦を新品に取り換え、消耗し劣化したハンマーフェルトなどもドイツで新調したものに交換する。失われていたペダル部分の支柱は、加藤さんが自作した。音律を決める内部構造のゆがみやずれも細かくチェックし、オリジナルのスタインウェイに近い状態に調整する。    真部代表は「90年以上の宇部の文化、歴史、人々の思いが詰まったピアノ。企画が始動して約8年、ようやく作業に取り掛かれて感慨深い。再び音を奏で、貴重な財産を次世代につなげるよう一歩ずつ進んでいきたい」と話した。  

関連記事

幻想的氷の美術館 支笏湖氷濤まつり開幕 

2022千歳・支笏湖氷濤まつり(支笏湖まつり実行委員会主催)が29日、千歳市の支笏湖園地で開幕した。「氷の野外美術館」をコンセプトに高さ約13メートルの「ブルータワー」5基や氷の展望台など氷像約3...

帯広農業高スイーツ 全道セコマに レシピコンテスト入賞 ハスカップでムース

 帯広農業高校の食品科学科地域資源活用班(大山明夏班長)の3年生8人が作成したレシピが、「ほっかいどう農業高校×どさんこワイド オリジナルスイーツレシピコンテスト」に入賞した。商品化され、31日...

宇部日報社

ユーモラスな顔でお出迎え 山口宇部空港にふくちょうちん300個【宇部】

 山口宇部空港で、下関ふくちょうちん飾りの展示が行われている。約300個が天井、テナント店のレジ前、チェックインカウンターなど各所につるされ、来場者を出迎えている。2月28日まで。    山口宇...

長野日報社

節分祭 多幸願い福升作り 長野県岡谷市の成田山蓮華不動院

長野県岡谷市成田町の成田山蓮華不動院(宮坂宥洪住職)で28日、30日に開く節分祭に向けた福升作りが行われた。事前に福豆まきを申し込んだ厄年の男女や年男年女らの多幸を願い、宮坂住職が一つ一つ丁寧...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク