全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

温泉地潤う献立提案

 鶴岡市・湯野浜温泉の「創作料理ワークショップ」が25日、亀やで行われた。湯野浜観光協会とDEGAM鶴岡ツーリズムビューロー(理事長・皆川治鶴岡市長)が共催しているもので、昨秋以来3回のワークショップを踏まえ、各旅館が献立を提案、関係者に振る舞われ、感想などを聞いた。

 游水亭いさごやの大野直一調理長(48)が出したのが山形牛のしゃぶしゃぶと由良産アワビの踊り焼きで、アワビの殻が焼ける香ばしい磯の匂いが会場内に広がった。自らのホテルでも炭火のこんろをワゴンに載せ、客の間を回るサービスを行っている。しゃぶしゃぶの薬味にした地元産・雪中軟白ねぎのスライス山盛りも、ネギの甘い味が好評だった。監修役の東京・丸の内、東京會舘・鈴木直登和食総調理長(66)は「ネギがいい味をしていた。季節のものをしっかり打ち出すことが重要です」と及第点を与えた。いさごやの大野さんは「料理人が客とのコミュニケーションを取ることを鈴木さんに言われ、従来も行ってきたが、意を強くした。さらに新たな味に挑戦したい」と意気軒高だった。

 亀やはサザエの磯煮に趣向を凝らし、竹屋ホテルは米の娘豚のしゃぶしゃぶだったが材料に庄内麩(ふ)を加えることで新味を出した。

 鈴木さんは総評で「一軒のホテルが潤うだけじゃだめ。湯野浜温泉全体が潤い、にぎわいをつくらないと、さらなる観光客は来てくれない。“あそこのものを食べたいよね”という料理を多く作る努力を温泉街全体で続けてほしい」と注文を出した。

 来月13日、最終イベントとして一般客を招いての「オール湯野浜」料理のイベントを行う。

鈴木さんは地元産の軟白ねぎの甘さに感心しながら、試食した

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク