全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

大学生が農業ボランティア 島暮らし楽しみながら収穫支援  奄美大島

農業ボランティアで切り花の収穫を体験した大学生=25日、鹿児島県奄美市笠利町

 首都圏などの大学生10人が17日から26日まで、鹿児島県の奄美大島北部で農業ボランティアの活動を行った。野菜の苗づくりや花きの収穫などの作業に汗を流しながら住民と交流し、島の暮らしを楽しんだ。

 学生らは離島や山村へボランティアを派遣しているNPO法人「ECOFF」(東京都)の「村おこしボランティア」の事業を利用して来島。同島では奄美市笠利町の楠田哲さん(くすだファーム代表)が窓口となり、2018年に受け入れが始まり5回目。

 今回の受け入れ先は笠利町と龍郷町の農家やレストラン、コミュニティーFM放送局など6カ所。学生らは笠利町の宿泊施設に滞在しながら、グループに分かれて各事業所を訪れた。

 25日は津田塾大学1年の石澤智子さん(20)、岐阜大学2年の廣木悠乃さん(20)が笠利町節田の栄農園で切り花の収穫作業を体験した。2人とも奄美大島は初めて。「島の生活、文化を学びたいと思った。島の人たちが自然と一体となって暮らしているところがいいですね」「農業だけでなく、人生設計についても教えてもらった。皆さん大らかで優しい」と笑顔を見せた。

 学生らを受け入れた切り花農家の榮友一さん=奄美市笠利町=は「花農家は今が一番の繁忙期で助かった。みんな真剣で熱意を感じる。普段通りの島の生活を感じて、人生を考えるきっかけになれば」と話した。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク