全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「かわいい」を発見 甲斐みのりさんとまち歩き

甲斐みのりさん(左手前)の案内で田辺のまちなかを散策するツアー参加者=24日、田辺市下屋敷町で

 文筆家・甲斐みのりさん(東京都)と和歌山県田辺市街地の純喫茶と菓子店を巡る「乙女の田辺ロマンチック案内ツアー」が24日にあった。県外を含む18人が参加。レトロな看板や建物、菓子を見つけては「かわいい」と声を上げ、写真を撮影しながらまち歩きをした。
 甲斐さんは旅や菓子、建築などを題材に執筆活動をしている。年に4、5回は田辺市を訪れており、田辺の知られざる魅力を紹介した冊子なども手掛けた。女性ファンが多く、今回の参加者も大半が女性だった。
 ツアーは同市東陽の世界遺産、闘雞神社の参拝からスタート。近くの純喫茶でモーニングセットを味わってから、甲斐さんお薦めの菓子店を巡り、ショッピングを楽しんだ。途中、狭い路地を通ったり、古い建築物や看板なども見学したりして、市街地の隠れた魅力に触れた。
 甲斐さんのインスタグラムをフォローしているという和歌山市の自営業、星希美さん(29)は「田辺市は観光で訪れたことがあるけれど、まち歩きは初めて。都会でも減少している純喫茶に元気があって、魅力的だった。かわいいお菓子を買えた」と喜んだ。
 甲斐さんは「田辺では徒歩圏内に個性豊かな純喫茶がある。農家や漁師の方が朝の一仕事を終えて、モーニングを楽しんでおり、文化として息づいている。でも、店主の高齢化で閉店する店も出ている。行きたいと思ったら、いつかではなく、今行ってほしい」と話した。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク