全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

SL冬の湿原号、利用者30万人【釧路】

利用者数が累計30万人を突破したSL冬の湿原号

JR北海道の人気観光列車「SL冬の湿原号」(釧網線、釧路―標茶間)の利用者数が24日、累計で30万人に達した。20周年の節目の年に大台も突破。JR釧路駅では上り列車の乗客に記念の缶バッジが配られたほか、横断幕も掲げられて節目を祝った。

 SL冬の湿原号は2000年に運行を開始した。車内のストーブでスルメなどを焼いて食べながら、車窓から見える湿原の景色を楽しんでもらう。期間中には沿線地域の住民や自治体がコラボ企画を実施。国内外を問わず人気を博し、当初は50日以上の運転で6年目に累計10万人、10年度には20万人を達成した。近年の運行日数は土、日を中心とした20日余りで、昨季までに29万1230人が利用した。

 20周年の今季は車内で記念のオリジナルグッズを販売したほか、沿線各自治体の自慢品をプレゼントする1日限定のPRデーを設けた。標茶駅では乗客を町内の飲食店や温泉施設に無料送迎するジャンボタクシーを運行。利用者数は昨季とほぼ同じペースで推移し、23日までの19日間で8523人、累計29万9753人に達し、24日の30万人突破が確実となっていた。

 24日も午前11時5分発の列車(定員280人)に多くの利用者が乗り込んだ。沿線自治体のご当地キャラクターも駅ホームに駆け付けて祝福。列車を見送ったJR北海道の萩原国彦釧路支社長は「お客さまや沿線地域の皆さまに心から感謝。これからもSL冬の湿原号をよろしくお願いしたい」と話した。

 SLが好きで帯広市から昨年に引き続き乗りに来たという今村陽斗ちゃん(5)は缶バッジをもらい「うれしい。『ありがとう』って言った。きょうは機関車の後ろとかを見られた」と喜んでいた。

 今季の残りの営業日は29日と3月1日。両日は標茶駅前で町特産品などが並ぶ「しべちゃうまいもん発見市場」を開催する。料金(大人)は片道で乗車券1290円と指定席券840円。駅構内のみどりの窓口やインターネット予約サービス「えきねっと」などで受け付けている。

関連記事

長野日報社

御柱祭下社里曵き 安全な曳行へ氏子協力 夜間にずれ込み日程課題 長野県

 諏訪大社御柱祭下社里曳きは14~16日に長野県下諏訪町で行われ、春宮、秋宮の社殿の四隅に計8本の御柱を無事に曳き建てた。初日午前に小雨が降ったが期間を通じて天候に恵まれ、新型コロナウイルスの感染...

紀伊民報社

パンダの竹でイカの産卵床 食べ残し使い30基

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は17日、ジャイアントパンダが食べ残した竹の枝葉を使ってアオリイカの産卵床を作った。町内の海底に沈めて産卵状況を観察し、効果があれば継続し...

荘内日報社

天神祭のごっつぉ「化け弁」楽しんで 鶴岡4事業所予約受け付け プレゼント・..

 伝統の祭りの雰囲気を家庭で楽しんでもらおうと、鶴岡商工会議所は今年も鶴岡市の天神祭(25日)に合わせた弁当「化け弁」の販売を企画した。地元食材を使った「祭りごっつぉ」を楽しんでもらう企画で、新たに...

女児に付きまとい校区で続発 帯広栄小学校 防犯教室を前倒し

 帯広栄小学校(市西17北1、塩田直之校長、児童393人)の校区内で4月中旬から不審者情報が相次いでいることを受け、同小は予定していた恒例の防犯教室を前倒しし、16日に実施した。帯広署員を講師に招...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク