全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

諏訪地方の聞いておきたい物語 活字で残し冊子に

歴史を知る諏訪地方の6人のインタビューを集録した冊子を制作した語り伝承グループ

茅野市八ケ岳総合博物館の市民研究員「語り伝承グループ」(飯田美智子代表、11人)が、諏訪地域の生き証人たちにインタビューして聞き取ったそれぞれの歴史や出来事、生活などをまとめた冊子「諏訪地方の語り伝承・第一集」が完成した。他では語られない、語らなければ人々の記憶から忘れ去られるであろう6人分の話が詰まった一冊になっている。

同グループは2018年に発足。月1回の例会を開くほか、「身近にも聞いておきたい話、聞いておかなければならない話がたくさんある」として、多くの人の話を聞いて記録する取り組みを活動の柱としてきた。

話を聞く対象は、郷土史にも書かれていない歴史を知る人、戦後の厳しい時代を生き抜いた生活体験を語れる人、家族にも話したことがない戦争体験を持つ人、人知れず歴史をつくってきた人、地域に伝わる風習を知る人ら。

インタビューはメンバー3~4人で行い、2時間ほどかけてじっくりと話を聞く。これまでに60代から100歳までの14人にインタビューを行ったということで、インタビューの内容はICレコーダーで記録し、後日、文字に起こしてきた。

今回の冊子は、モノクロのB5判、162ページで、400部を制作。比較的最初にインタビューした茅野市と富士見町の6人分を集録しており、聞き手の主観が入らないよう会話の内容を忠実に文字に起こして掲載した。

内容は、同館に移築され現在展示している古民家に住んでいた人の昔の生活の話、アルパカ牧場を営む夫婦の話、第2次世界大戦がはじまった頃に茅野に嫁いできた人の話、井戸尻考古館初代館長を務めた人の話、つらい戦争体験を心にしまい続けてきた人の話など。

飯田代表は「諏訪地方には話を聞いておきたいお年寄りがたくさんおり、できるだけ多くの話を記録に残していきたい」と話している。

冊子は1冊700円で八ケ岳総合博物館で販売している。問い合わせは同館(電話0266・73・0300)へ。

関連記事

荘内日報社

避難所に段ボールベッド組み立て(鶴岡・大泉小)児童と保護者対象「防災体験..

 鶴岡市大泉地区の避難所に指定されている大泉小学校(奥田満哉校長、児童137人)で4日、全校児童と親を対象にした防災体験教室が開かれ、専門家による講話やワークショップ、避難所開設体験が行われた。 ...

紀伊民報社

「甘くて濃厚」と好評 作業所開発のミニトマトジュース

 和歌山県みなべ町の「なかよし福祉会」が運営する「なかよし作業所」が、地元の農家からミニトマトを仕入れて作るジュースが「甘くて濃厚な味でおいしい」と好評だ。障害者の就労を支援する団体が作ったカタ...

丸ごと120㍍移動 キャンプセンター曳家工事本格化  千歳モラップの支笏湖..

環境省北海道地方環境事務所は6日、千歳市モラップの支笏湖野営場で、「キャンプセンター」の曳家(ひきや)工事を公開した。建物を解体せずにそのままの状態で移動させる伝統的な建築工法。同省による曳家工事...

パイ生地で彩り鮮やか 豊頃のエレゾがシカやクマの限定テリーヌ

 食肉加工・飲食業のエレゾ社(豊頃町、佐々木章太代表)は、テリーヌをパイ生地で包んだフランスの伝統料理「パテアンクルート」の販売を会員限定で始めた。  放牧豚やエゾシカ、クマなどの肉を使った...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク