全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宮良小学校 児童ら黒糖づくり体験 水牛を使った圧搾も実演

サトウキビの搾り汁を煮詰める宮良小学校の児童たち=23日午前、同校校庭

水牛を使った昔ながらの圧搾方法を学んだ児童ら=23日午前、同校校庭(提供)

 宮良小学校(仲間一史校長、児童133人)の恒例行事「親子キビ刈り・黒糖づくり」が23日午前、同校で行われた。5年生を中心に全学年の児童や保護者、地域住民など総勢約200人が参加し、サトウキビの収穫から圧搾、黒糖製造を体験した。

 八重山の基幹産業について学ぶとともに勤労の尊さや力を合わせて働く喜びを知るのが目的。宮良川の川下りと共に同校の二大行事で、今回で40回目。  22日に5年生が4年生の時に植えたサトウキビを親子で収穫。23日は第1回から同体験に関わっている宇根底智生さん(78)が水牛を使った昔ながらの圧搾を実演した。

 その後生徒らは搾り汁を煮詰める作業を体験。午前10時すぎには黒糖が煮詰まり、校庭に甘い香りが立ち込めた。

 熊谷大成君(11)は「1年かけてみんなで雑草抜きを頑張ってきたから、黒糖ができた時はうれしかった。出来たては少し柔らかくてスーパーのものより甘い」と笑顔を見せた。

 仲間校長は「子どもたちには、伝え、育まれた知恵や地域の文化を感じ取ってほしい。体験するチャンスがないなか、PTA、地域の皆さんが協力してくれるのでありがたい。関わりへの感謝も忘れず学んでほしい」と話した。

関連記事

釧路新聞社

雑海藻を餌とした肥育に挑戦【釧路町、標茶】

 【釧路町、標茶】釧路町昆布森産コンブを餌に肥育した標茶産肉牛のブランド化や商品開発を進める釧路町と標茶町は今年度、雑海藻を餌とした肥育に挑戦する。両町は昨年、互いの特産品を生かした商品開発や地...

長野日報社

「星ケ塔遺跡」今年も人気 今季初の日帰りツアー 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町観光振興局は22日、同町郊外にある国史跡「星ケ塔黒曜石原産地遺跡(星ケ塔遺跡)」を訪ねる日帰りツアーの今季初回を開いた。全国各地から定員いっぱいの15人が参加。一行は標高約1500...

然別湖上の景色 遊覧船で 安全確認入念に 今季の運航開始

 今季の然別湖の遊覧船運航が21日、始まった。10月末まで毎日運航され、普段はなかなか見ることができない湖上からの風景を楽しめる。  遊覧船は、鹿追の然別湖畔温泉ホテル風水が1963年から運...

大島紬がフェラーリ内装に ニューヨークで機織り実演も

 イタリアの高級車メーカー「フェラーリ」が、本場奄美大島紬を織り込んだ生地を運転席の内装に使用した特別仕様車を製造し、話題を呼んでいる。大島紬織元のはじめ商事(鹿児島県奄美市名瀬、元允謙社長)が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク