全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター(JR帯広駅エスタ東館2階)で生徒による販売会を開く。

白花豆のカレーをPRする帯広農業高校の生徒ら。左から3人目が寺町さん

 同JAは以前より、白花豆の栽培に力を入れている。甘納豆やようかんに続く新商品を模索する中で同校に協力を仰ぎ、学校側も「経営センスを磨くことにつながる」と応じた。

 農業科学科の2、3年生15人は、2018年に同JAの指導で白花豆を同校で栽培し、収穫を体験。手作業が多く手間がかかる苦労を知った上で、今年度は1年かけて商品開発を学び、企画を練ってきた。

 試作段階では十数種類のスパイスを使い、豆の風味が生きるよう何度も作り直し、納得のいく味を追求。白花豆ペーストを練り込んだ白っぽいカレールーを完成させ、さらに大粒の白花豆も添えている。

 パッケージもデザインし、白花豆のイラストが際立つよう黒の背景を採用した。

 グループリーダーの男子生徒は「大粒の白花豆を丸ごと味わってほしい」と話す。

 販売会は午前9時~午後3時で、1食(200グラム)税込み400円で提供。商品は今後、浦幌町の道の駅や同JA、同物産センターで1食800円(税抜き)で販売される。

関連記事

長野日報社

直売所の味を全国へ 八ケ岳農業実践大が通販サイトオープン

八ケ岳中央農業実践大学校(原村)で製造・販売されている加工品を専門に扱う通販サイトがオープンした。同校オリジナル商品のアイスクリームやヨーグルト、卵などをインターネット上で購入できる。新型コロ...

長野日報社

豚肉ソーセージ試作 上伊那農業高校畜産班が新商品開発へ活動

上伊那農業高校(南箕輪村)の畜産班が、鹿肉や地場産牛肉などを使った新商品の開発に向けて活動を始めた。22日は基礎学習のための実習を同校で行い、生徒らが豚肉を使ったソーセージを試作。校内にある機...

東京で「牧草ロール」 新作を発表 満寿屋商店

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広市、杉山雅則社長)は18日午前、新商品のクロワッサン「牧草ロール」を発表した。25日にオープンする東京都内の自由が丘・東急フードショースライス店のみで販売する。...

芽室産原料で新ワイン 20日から販売

 めむろワイナリー(尾藤光一代表)は12日、芽室産ブドウ100%使用の2019年産の新作ワイン「大地の序章」と「豊穣(ほうじょう)の序章」を発表した。大地の-は20日から数量限定で販売する。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク