全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

白花豆カレー味わって 帯広農業高生が開発

 帯広農業高校の生徒たちが、浦幌町の高級菜豆「白花豆」を使ったレトルトカレー「白花豆ごろっと白カレー」を開発、JAうらほろが商品化した。しっかりとした食感と甘みが特徴で、29日にとかち物産センター(JR帯広駅エスタ東館2階)で生徒による販売会を開く。

白花豆のカレーをPRする帯広農業高校の生徒ら。左から3人目が寺町さん

 同JAは以前より、白花豆の栽培に力を入れている。甘納豆やようかんに続く新商品を模索する中で同校に協力を仰ぎ、学校側も「経営センスを磨くことにつながる」と応じた。

 農業科学科の2、3年生15人は、2018年に同JAの指導で白花豆を同校で栽培し、収穫を体験。手作業が多く手間がかかる苦労を知った上で、今年度は1年かけて商品開発を学び、企画を練ってきた。

 試作段階では十数種類のスパイスを使い、豆の風味が生きるよう何度も作り直し、納得のいく味を追求。白花豆ペーストを練り込んだ白っぽいカレールーを完成させ、さらに大粒の白花豆も添えている。

 パッケージもデザインし、白花豆のイラストが際立つよう黒の背景を採用した。

 グループリーダーの男子生徒は「大粒の白花豆を丸ごと味わってほしい」と話す。

 販売会は午前9時~午後3時で、1食(200グラム)税込み400円で提供。商品は今後、浦幌町の道の駅や同JA、同物産センターで1食800円(税抜き)で販売される。

関連記事

長野日報社

IWCリージョナルトロフィー 長野県辰野町の小野酒造店「夜明け前」が獲得

 英国のロンドンで行われた世界最大規模のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2022」のSAKE部門・大吟醸酒の部で、小野酒造店(長野県辰野町小野、小野能正社長)の「...

生黒ごまソフト食べて 帯広市内に十勝初の専門店「クリム」

 十勝初の生黒ごまソフトクリーム専門店「K.L.I.M(クリム)帯広店」が、健康をテーマとした帯広市内の複合施設「omoto」(西2南18)内にオープンした。同施設を運営する一般社団法人看しず...

荘内日報社

フェミナリーズ世界ワインコンクール 月山ワイン金賞受賞 庄内産ブドウ100..

 世界の女性のワイン専門家が審査する「第16回フェミナリーズ世界ワインコンクール」で、鶴岡市越中山のJA庄内たがわ「月山ワイン山ぶどう研究所」(成澤健所長)が醸造した「ソレイユ・ルバン 甲州シュール...

紀伊民報社

紀州の梅とミカンが長崎カステラとコラボ

 和歌山県産の梅やミカンと、長崎カステラを組み合わせた新商品「紀州うめカステラ」「有田みかんカステラ」が発売された。  きのくに信用金庫(和歌山市)が実行委員となっている「よい仕事おこしフェア...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク