全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御神渡り出現せず明けの海 八剱神社で注進奉告祭

しめ縄を焚き上げる炎を見守る八剱神社の関係者

諏訪湖面に張った氷がせり上がる御神渡り(御渡り)の判定と神事をつかさどる八剱神社(諏訪市小和田)で22日、今季の結果を神前に告げる注進奉告祭があった。総代や古役ら約40人が参加。令和最初の今冬は、御神渡りが出現しない「明けの海」となったことを奉告した。

神事で宮坂清宮司(69)は「全面結氷もせず、小波打ち寄する明けの海にて、御渡りござなくそうろう」と読み上げた。神事後に、御神渡りの出現時に氷上で行う「拝観式」で総代らが肩に掛ける予定だったしめ縄70本を焚き上げた。総代らは真剣な表情で炎を見つめていた。

平成に入ってから明けの海は22回目。2季連続で御神渡りが出現しなかった。宮坂宮司は「過去の記録を見ると今冬は平成18年末から19年にかけての湖面の状況と似ている」とし、「この年は猛暑で雨が少なく、地震もあった。どうか穏やかな年であってほしい」と願った。

宮坂平馬大総代(66)は「ほとんど凍らない状況で氷の厚みを測るまでに至らなかった。温暖化が進んでいることを実感した」と声を落とした。

奉告祭に続き、結果を記した注進状を諏訪大社に奉納した。大社を通して宮内庁に言上、気象庁に報告される。

関連記事

蒲郡で潮干狩りシーズン到来

 蒲郡市の三河湾沿岸部で、行楽用の潮干狩りシーズンが到来した。穏やかな天候となった26日には昼前後から大勢の家族連れらが干潟に入り、黙々とカマなどで貝を掘り当てた。  同市内では今月中旬から三...

長野日報社

卒園ほほえむタカトオコヒガンザクラ 伊那市山寺

長野県伊那市山寺の南信森林管理署の東側に植わるタカトオコヒガンザクラのつぼみがほころび始めている。市内保育園の卒園式があった25日はピンク色の花が青空に映え、近くの竜北保育園の卒園児たちを祝福...

長野日報社

アルパカ大人気 富士見の牧場が今季オープン

富士見町南原山の観光牧場「八ケ岳アルパカ牧場」が今季の営業を始めた。20日に開場し、3日間で昨季の2倍以上、約940人が来場し、盛況なスタートとなった。 新型コロナウイルスの感染拡大で営業の...

空き家や古民家活用で観光と移住推進へ

新城市と愛知県古民家再生協会が包括連携協定締結  愛知県古民家再生協会(名古屋市、戸田由伸理事長)と新城市は23日、連携して市内の空き家や古民家の活用に取り組むための包括協定を結んだ。観光や...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク