全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

高遠の「恵みと癒やし」香りに 高校生が商品化

高遠の恵みを生かした商品「高遠美山の香り」の出来栄えを確かめる参加者

高遠高校(長野県伊那市)で選択授業「地域の科学」を受講する2年生6人は20日、高遠に自生する香木クロモジと、タカトオコヒガンザクラのエキスを配合した香りの商品「高遠美山の香り」について、今春の商品化が決まったと発表した。高遠の恵みと、癒やしを感じられる商品として地域で売り出す。

高遠高校で同日開いた「伊那東部山村活性モデル化シンポジウム」で報告した。生徒たちは昨年10月、芳香液(10ミリリットル瓶)と、部屋や車内などで使うルームスプレー(50ミリリットル瓶)を発表。取り組みに協力する伊那東部山村再生支援研究会によると、まずはルームスプレーを中心に販売していきたいという。

生徒たちはこの日、開発の経緯や製造過程を報告。抽出方法を学び、細かく切り刻んだクロモジの枝を蒸留装置に入れ、精油とアロマ水を抽出したと説明した。タカトオコヒガンザクラは学校敷地内に植えられたもので、「高遠にしかない葉のエキスを配合することで、高遠にしかない香りを作り出そうと考えた」とし、「3、4月と忙しくなりそうですが、頑張ります」と決意を語った。

出来栄えを確かめたシンポ参加者は「いい香り」と太鼓判を押した。商品の発売元となるアン・ナチュール(飯島町)は「森林の保全や地域の活性化につながることを期待している」と述べた。

約60人が参加。市などと包括連携協定を結ぶ東京農業大学の教授や准教授、学生らが山村活性化や森林に関する事例発表や講演を行った。

関連記事

紀伊民報社

桜満開 島ノ瀬ダム 訪れる人少なめ

 和歌山県みなべ町東神野川の島ノ瀬ダムで桜がほぼ満開となり、淡いピンク色の光景が広がっている。  ダム周辺にはソメイヨシノをメインに、ヤマザクラやボタンザクラも含めて500本ほどの桜がある。30...

荘内日報社

冊子「ハタラクカタチ」 公益大生有志 若者目線で取材し制作

 庄内地方の企業などが持っている魅力を若者目線で広く発信しようと、東北公益文科大学(酒田市)の学生有志が、そこで働く若手従業員を取材してまとめた冊子「ハタラクカタチ」を制作した。学内の新4年生、市内...

芽室町が職員3人を外部派遣へ

 芽室町は新年度、外部へ3人の職員を派遣する。農林課の近藤猛児さん(24)が一般財団法人地域活性化センター(東京)と公益財団法人日本ゲートボール連合(同)へ、子育て支援課の川瀬吉澄さん(26)が公...

釧路新聞社

市立看護学院、新校舎供用開始【釧路】

   釧路市立高等看護学院(足立憲昭学院長)=市春湖台1=の新校舎が3月から供用を開始した。校内設備の充実により学習環境が大幅に改善され、学生からは「新校舎で本格的に学ぶのが本当に楽しみ」などと喜...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク