全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

引き合い堅調で活気 木材共販所で初市

独特の口調でテンポ良く進められた木材の初市(10日、上富田町生馬で)

 和歌山県上富田町生馬にある西牟婁森林組合の田辺木材共販所で10日、初市があった。スギ、ヒノキなど約1万5千本(約2千立方メートル)が並ぶ中、県内や奈良、三重、徳島県などから良材を求めて約70人の業者が集まり、活気づいた。  出された木は、県南部の山林から切り出された。樹齢は50~100年。競りは午前10時半から始まった。柿本節夫所長(59)らが「競り子」になり、独特の口調で価格を示し、業者は年輪や材質を見極めながら競り落としていった。  共販所によると、この日の取引額は約2400万円。1立方メートル当たりの平均単価は1万2千円だった。柿本所長は「年末から年明けにかけて引き合いがやや低調になるのがここしばらくの傾向だったが、今年は昨年末から堅調で初市も活況を呈した」と語った。  訪れていた日高町の木工所代表(62)は「たくさんの木が集まり、期待通りのスギが入手できた。周辺地で木工所が減り、その分、忙しくなった」と話した。  同森林組合の那須敏夫組合長(67)は「田辺市が林業成長化モデル地区に指定された。協議会を設立し、量産に向けて協議を始めている。紀南地域の活性化に結び付いていくと思う」と期待感を示した。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク