全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「赤レンガ」カフェに 宮本商産が7月開店 国文化財旧本社 帯広

カフェとして再活用される宮本商産の「赤レンガ」

 ガソリンスタンドなどを展開する宮本商産(平征浩社長)は、築100年を超える国の登録有形文化財で、帯広市西2南5の本社隣に今も残る旧本社社屋(通称・赤レンガ)をカフェとして再活用する。すでにパンケーキなどで人気の喫茶全国チェーン「さかい珈琲」の運営会社と、フランチャイズ契約を締結した。モダンな外内装を極力、生かす考えで、7月オープンを目指している。

 赤レンガは、雑穀の仲買などを手掛けた同社の創業者、故宮本富次郎氏が事業で得た財産を使って建設した。1919年の完成とされる。

 木骨造り2階建てで、外壁にレンガを施したヨーロッパ様式の重厚な造り。床面積は延べ178平方メートル。2017年に国の同文化財に登録された。同社は「多くの人に歴史や文化に触れてほしい」との思いから、登録前後からイベントなどに活用してきた。

 さかい珈琲はJ・ART(本社岐阜)が運営し、関東や東海を中心に19店舗を持つ。北海道は初出店で東北以北でも初。「長時間ゆったり過ごせる」をコンセプトに、女性を中心に客数を伸ばしているという。

 赤レンガは「さかい珈琲帯広店(仮称)」とし、コーヒーやパンケーキ、パスタなどを提供する予定。席数は63席。キッチンは建物横に新築し、春に着工予定。店内ではコンサートや展示会なども積極的に開催していく考えだ。

 事業費は約5000万円。平社長は「さかい珈琲側も国の文化財を活用した店舗展開は初めてと聞く。特にパンケーキは独自の製法で人気」とし、「赤レンガは十勝の財産だと思っている。単なるカフェではなく、文化など人が集う拠点にしたい」と話す。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク