全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ごみ処分場建設地を見学 「15年で満杯」に驚き

ごみ最終処分場の工事現場を見学する紀南環境広域施設組合の関係者(18日、田辺市稲成町で)

 和歌山県みなべ町以南の10市町(北山村を除く)でつくる紀南環境広域施設組合は18日、田辺市稲成町に建設中のごみ最終処分場の工事現場を見学した。処分場は容量19万8千立方メートルで、計画埋め立て期間は15年。見学者からは「想像以上の大きさ。これが15年で埋まるのか」と驚きの声が上がった。
 最終処分場は紀南10市町の一般廃棄物を処理する。現場は阪和自動車道南紀田辺インターチェンジの北側約300メートル付近。建設工事は2018年11月から始め、21年3月末の完成を目指している。19年度末の進捗(しんちょく)率は約40%の見込み。
 処分場内に降った雨水をため、水量を調整して、河川に放流する防災調整池は整備が完了。現在、施設で浄化前の水を貯留する施設や埋め立て廃棄物の流出を防ぐ「堤防」を建設している。今後、管理事務所を併設した水処理施設棟の建設や処理機器の設置なども進める。
 工事関係者の案内で現場を歩いて回った組合管理者の真砂充敏田辺市長は「処分場の広大さを実感できた。15年間で埋まってしまうのは想像しにくい。施設は完成して終わりではない。ごみの減量に一層力を入れないといけない」と話した。
 最終処分場の建設を目指し、組合の前身である紀南環境整備公社を設立したのは05年7月。ところが、最終候補地の選定などで事業は難航した。14年11月に稲成町内会が建設に基本同意。17年12月に用地交渉が終了し、18年2月に組合と町内会が建設同意の協定を結んだ。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク