全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「デジタル森林浴」出前します 浦幌で起業のIT会社開発

 大手IT企業の元社員らが中心となり、浦幌町内に林業を軸としたIT企業「forestdigital(フォレストデジタル)」(辻木勇二代表取締役CEO=最高経営責任者)を創業した。同社は、最新鋭のデジタル機器で撮影した森や自然の高精細立体映像を使った「デジタル森林浴」で、日常のストレスの軽減や外出が困難な人たちに“癒やしの空間”を提供する。

昨年12月2日に農水省内で行った「デジタル森林浴」体験のデモンストレーション(フォレストデジタル提供)

 同社は、IT企業のGREEやヤフーでの管理職経験のあるメルペイ前取締役の辻木CEOと、ヤフーテレビの前チーフエンジニア原田健一CTO(最高技術責任者)を中心とする6人から成る。本社を浦幌町内の旧常室小学校を改装したTOKOMURO Lab(常室51)内に構え、東京都内にもオフィスを置く。

 辻木CEOと原田CTOは、地域の魅力発信と新事業創出を目指して2017年度に実施した「浦幌ワークキャンプ」(実行委主催、代表・浦幌町、北村昌俊北村林業社長)をきっかけに、町民有志らと共に町内林業者向けの研修プログラム「木こりん」を開発し、今回の起業につなげた。

 8K(解像度の高い次世代映像規格)の360度カメラなどで撮影した浦幌町内の「杉江山林」と呼ばれるカラマツ林をはじめ、「然別自然休養林」(鹿追町)、「上川浮島風景林」(上川管内上川町)、知床五湖(オホーツク管内斜里町)、など十勝管内外の約80種類の映像を保有している。

 複数の大型スクリーンを視聴者を囲むように設置し、映像をプロジェクターで投影。風や川のせせらぎの音、匂いも組み合わせて、大自然の中を散歩しているかのような“癒やしの空間”を1回30分間ほど提供する。映像の提供先は、企業や学校、病院または個人など幅広く想定している。

「デジタル森林浴」を提供する新会社「フォレストデジタル」を創業した(右から)辻木CEO、原田CTO、北村フォレストアドバイザー

 今後は、屋久島の縄文杉、沖縄のマングローブ林、カナダのナイアガラの滝、米国のグランドキャニオンなど撮影対象地域を広げながら映像の種類を増やし、不特定多数のニーズに応えていく。

 昨年12月上旬に農林水産省内で「デジタル森林浴」の体験をデモンストレーションし、好評を得た。辻木CEOは「心の健康の促進と、その場所に行きたくなるような映像を多くの人に提供したい」と話している。

 浦幌町は、新規創業等促進補助金などで側面から支援しており、活動の広がりに期待を寄せている。

 問い合わせは、同社support@forestdigital.orgへ。(内形勝也)

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク