全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

広尾スナエビでカレー 見た目イマイチ 風味抜群

えびじゃこのスープカレーを開発した古田店長(右から2人目)、辻田部長(同3人目)と青年部メンバー

 広尾漁協青年部(辻田基樹部長、32人)はシシャモ漁で混獲される広尾産スナエビ(愛称・広尾えびじゃこ)の消費拡大を進めている。22日から帯広市内のカレー店「十勝スープカリーBelieve」(清流東2、古田誠一店長)の協力で、えびじゃこを使った新メニューを販売する。えびじゃこは一般に流通していないが、濃厚なエビの風味を生かし販路開拓につなげたい考えだ。

 えびじゃこを使った商品は、昨年満寿屋商店(帯広)と開発したパンやピザに続く第2弾となる。

 えびじゃこはサイズの小ささや殻の硬さ、見た目などから市場に流通せず、利用されていない。ただエビの味は濃厚で、漁師の間ではゆでたり揚げたりして食べられている。

 今回はエビ風味を生かそうと、油で揚げた後フレーク状に加工してスープのだしとして活用した。同店でもともとある甘エビを使った「海老スープカリー」(1130円)などの原料を、えびじゃこに置き換える。その他のメニューのスープも、えびじゃこスープに変更できる。

 原料のえびじゃこは青年部が手作業でシシャモや他の魚と選別して提供した。辻田部長(34)は「生産者が良さを直接伝え、工夫して広めていきたい」とし、古田店長は「風味が強く、だし原料として優れている。十勝産のエビをぜひ味わって」と話している。

 同店を運営するアルムフードサービス(帯広、清信祐司社長)では3~6月に期間限定で、系列のラーメン店「北海道十勝らーめん木の葉」の十勝、日高の計4店でも、えびじゃこを使ったメニューの提供を予定している。

<スナエビ>  正式名称アムールエビジャコ。北海道沿岸など、特に道東に多く生息する。体長は3~5センチで、色は黒っぽく、加熱してもあまり赤くならない。満寿屋商店でもソース原料として使われている。

関連記事

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

太田家に産声10人目 幕別の大家族

 幕別町で暮らす大家族、太田さん一家に10人目の赤ちゃんが誕生した。善之さん(40)=会社員=と裕美さん(39)夫妻の八男となる男児が13日午後3時7分に帯広市内の慶愛病院で生まれ、一家は12人家...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク