全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

南方熊楠の図譜100点展示 記念館が特別展

図譜の写し100点などを展示している特別展(白浜町の南方熊楠記念館で)

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、特別展「熊楠の図譜と図鑑展」を始めた。熊楠が書いたキノコ類の図譜をスキャンした100点などを展示している。担当者は「熊楠のスケッチを比べながら鑑賞できる数少ない機会」と来場を呼び掛けている。5月6日まで。
 キノコは熊楠が亡くなる1941年までに田辺市や熊野地方で採取したものが多い。
 図譜はA4サイズ。いつ、どこで、誰が採ったかというデータや特徴を英語で書いている。スケッチは鉛筆で輪郭を描き、水彩絵の具で色を付けている。においや味を評価したり、スケッチを知人の日本画家に頼んだりした種もある。
 記念館スタッフの土永知子さんによると、熊楠は図譜を自分のためのメモとして残した。キノコの採取に協力した少年には好物のあんパンをあげたという記録もあり「珍しい種を見つけては熊楠へ持って行っていたのかもしれない」と話す。また、熊楠の長女・文枝がスケッチを担ったものもあるが、文枝は後に「父はなかなか気に入らず200枚くらい描いてようやく合格した」と回想したという。
 土永さんは「いろんな人の援助を受けながら、時間をかけて図譜にまとめており、熊楠の執念が感じられる」と話している。
      ◇
 記念館は5月3日午後2時~3時、講演会を開く。海洋生物研究家の冨士うらら氏が「熊楠と龍―フジツボに魅了された偉人たち―」と題して話す。入館料が必要。問い合わせは記念館(0739・42・2872)へ。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク