全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

今季最多1903人、熱い声援【釧路】

今季の終戦を受けてリンク中央からファンに感謝するひがし北海道クレインズの選手たち

 釧路を本拠地とするアイスホッケークラブチームのひがし北海道クレインズは16日、日本製紙アイスアリーナで、アジアリーグ2019―20のレギュラーリーグ最終戦で、王子イーグルスと対戦し、3―6で敗れた。新規参戦の今季は5位となり、プレーオフ進出を逃した。 

 ひがし北海道クレインズは日本製紙クレインズの後継チーム。地域密着型のクラブチームとして19年5月に発足、8月31日のリーグ開幕戦に臨んだ。

 今季、日本・韓国・ロシア間の外国籍枠外扱いが廃止となり、日本製紙時代にいたロシア人2選手がチームを去った。中軸を担っていた戦力も抜け、苦しい陣容での戦いを余儀なくされたが、若手の成長とベテランの奮闘、他チームから移籍した新メンバーのプロ意識の高いプレーがあいまって、プレーオフ争いを演じた。

 レギュラーリーグ最終戦となったこの日は、同アリーナに1903人が来場。クレインズは、4位のデミョンキラーホエールズ(韓国)の勝点を上回るために、リスクの高い戦術を選択。60分での勝利にこだわり、最終盤にはGKをベンチに引き上げての「6人攻撃」を繰り出したが、かえって切り替えされた。

 試合終了のブザーが鳴ると涙を流す選手もいたが、場内からは「よくやった」「頑張ったぞ」との声が上がり、温かい拍手が送られた。シーズン終了を受けてのセレモニーでは、選手全員がリンク中央で輪をつくる中、FW上野拓紀主将(33)があいさつ。ファンに感謝し「10年、20年、ずっとクレインズを続けていく。来シーズンもここで会いましょう」と話した。

関連記事

長野日報社

特産かりんのシロップ漬け 出荷に向け手際よく作業 長野県諏訪市の原田商店

食品製造販売の原田商店(諏訪市湖南、原田俊社長)は、同市の諏訪湖ヨットハーバー近くの「かりん並木」で収穫された地元特産のかりん(マルメロ)を使う「かりんシロップ漬け」の製造を始めた。12月1日...

紀伊民報社

仏手柑収穫シーズン

 和歌山県田辺市内で、正月飾りや生け花などに使われる希少なかんきつ類、仏手柑(ぶっしゅかん)の収穫が始まった。  インド原産。形が仏の手のように見えることから、この名前が付いたといわれる。果肉は...

荘内日報社

出羽三山神社「松例祭」に備え 掛け声合わせ「厄綱」の綱打ち作業 コロナ収束..

 出羽三山神社の松例祭で使われる「厄綱」の綱打ち作業が28日、鶴岡市羽黒町荒川の農業・加藤忠志さん(74)方で行われた。地区の男性が「追い廻し」と呼ばれる太い綱を仕上げ同神社に奉納した。  例...

「とまチョップバス」市内中高生が側面にイラスト、道南バスが1日から期間限..

苫小牧の中学校と高校計5校は27、28の両日、道南バス(室蘭市)が苫小牧市内で走らせる路線バス1台の側面に市の公式キャラクター「とまチョップ」を描いた。バスは12月1日から25日まで期間限定運行す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク