全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

今季最多1903人、熱い声援【釧路】

今季の終戦を受けてリンク中央からファンに感謝するひがし北海道クレインズの選手たち

 釧路を本拠地とするアイスホッケークラブチームのひがし北海道クレインズは16日、日本製紙アイスアリーナで、アジアリーグ2019―20のレギュラーリーグ最終戦で、王子イーグルスと対戦し、3―6で敗れた。新規参戦の今季は5位となり、プレーオフ進出を逃した。 

 ひがし北海道クレインズは日本製紙クレインズの後継チーム。地域密着型のクラブチームとして19年5月に発足、8月31日のリーグ開幕戦に臨んだ。

 今季、日本・韓国・ロシア間の外国籍枠外扱いが廃止となり、日本製紙時代にいたロシア人2選手がチームを去った。中軸を担っていた戦力も抜け、苦しい陣容での戦いを余儀なくされたが、若手の成長とベテランの奮闘、他チームから移籍した新メンバーのプロ意識の高いプレーがあいまって、プレーオフ争いを演じた。

 レギュラーリーグ最終戦となったこの日は、同アリーナに1903人が来場。クレインズは、4位のデミョンキラーホエールズ(韓国)の勝点を上回るために、リスクの高い戦術を選択。60分での勝利にこだわり、最終盤にはGKをベンチに引き上げての「6人攻撃」を繰り出したが、かえって切り替えされた。

 試合終了のブザーが鳴ると涙を流す選手もいたが、場内からは「よくやった」「頑張ったぞ」との声が上がり、温かい拍手が送られた。シーズン終了を受けてのセレモニーでは、選手全員がリンク中央で輪をつくる中、FW上野拓紀主将(33)があいさつ。ファンに感謝し「10年、20年、ずっとクレインズを続けていく。来シーズンもここで会いましょう」と話した。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク