全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

人形劇に子どもら笑顔 9団体が11演目披露 九州フェス石垣島大会

マジックショーにくぎ付けの子どもたち=16日午前、大浜公民館

 第56回九州人形劇フェスティバル石垣島大会(主催・九州人形劇サークル協議会、児童文化サークルくにぶん木の会)が16日、大浜公民館で行われ、くにぶん木の会を含む9団体が11演目を披露、会場に子どもたちの笑顔が広がった。

 同協議会(石原純生会長)は九州各地で公演活動を続けており、石垣島公演は2012年以来2度目。福岡、長崎、大分、熊本、宮古島から計46人が集い、午前に5演目、午後に6演目を発表した。

 会場には親子連れら延べ約400人が訪れ、人形劇やテーブル人形劇、着ぐるみ人形劇 マジックショー、影絵など多彩なプログラムに大喜びだった。

 このうち森岡弥佳(ルビ=みか)さん(34)=真栄里=は長女の緒未(ルビ=つぐみ)ちゃん(4)と次女の若菜ちゃん(1)と共に午前と午後の両方を鑑賞。「こういう機会は少ないので、子どもたちはじっと見入っていて楽しそうだった。私も楽しめた」と満足げ、緒未ちゃんも「あかずきんちゃんがおもしろかった」と笑みを浮かべた。

 石原会長は「活動団体が少なくなっており、今回はくにぶん木の会の応援も兼ねて開催した。子どもたちが素直で元気。呼び掛けにも元気に応えてくれた。子どもたちには笑顔でスクスクと育ってもらいたい」と話した。

 くにぶん木の会の池田哲子会長は「刺激になった」と感激の様子。「子どもたちも満足して帰って行った。私たちも活動の灯を消さず、石垣島で頑張っていきたい。皆さんの勇気、元気、技術を今後に生かしたい」と参加したメンバーに感謝した。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク