全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

人形劇に子どもら笑顔 9団体が11演目披露 九州フェス石垣島大会

マジックショーにくぎ付けの子どもたち=16日午前、大浜公民館

 第56回九州人形劇フェスティバル石垣島大会(主催・九州人形劇サークル協議会、児童文化サークルくにぶん木の会)が16日、大浜公民館で行われ、くにぶん木の会を含む9団体が11演目を披露、会場に子どもたちの笑顔が広がった。

 同協議会(石原純生会長)は九州各地で公演活動を続けており、石垣島公演は2012年以来2度目。福岡、長崎、大分、熊本、宮古島から計46人が集い、午前に5演目、午後に6演目を発表した。

 会場には親子連れら延べ約400人が訪れ、人形劇やテーブル人形劇、着ぐるみ人形劇 マジックショー、影絵など多彩なプログラムに大喜びだった。

 このうち森岡弥佳(ルビ=みか)さん(34)=真栄里=は長女の緒未(ルビ=つぐみ)ちゃん(4)と次女の若菜ちゃん(1)と共に午前と午後の両方を鑑賞。「こういう機会は少ないので、子どもたちはじっと見入っていて楽しそうだった。私も楽しめた」と満足げ、緒未ちゃんも「あかずきんちゃんがおもしろかった」と笑みを浮かべた。

 石原会長は「活動団体が少なくなっており、今回はくにぶん木の会の応援も兼ねて開催した。子どもたちが素直で元気。呼び掛けにも元気に応えてくれた。子どもたちには笑顔でスクスクと育ってもらいたい」と話した。

 くにぶん木の会の池田哲子会長は「刺激になった」と感激の様子。「子どもたちも満足して帰って行った。私たちも活動の灯を消さず、石垣島で頑張っていきたい。皆さんの勇気、元気、技術を今後に生かしたい」と参加したメンバーに感謝した。

関連記事

荘内日報社

酒田東高 海岸清掃活動通じて 「海ごみ」考える

 県立酒田東高校(大山慎一校長)の2年生164人と教職員が25日、酒田市の宮海海岸で清掃ボランティアを展開、気温が上昇し、海よりの風もほとんどない中、生徒たちは額に汗しながら打ち上げられたごみを拾い集め...

スズメバチの巣、節足動物が越冬に利用 古澤さんと岡宮さん論文が海外学術誌に..

苫小牧市高丘の北大苫小牧研究林内で冬季、スズメバチの巣が、クモなど他の生物の越冬に利用されている可能性が高いことが分かった。北大大学院博士後期課程2年の古澤千春さん(26)と同研究林学術研究員の岡...

足湯付きドッグラン28日登場 道の駅十勝川温泉 全国初

 「道の駅ガーデンスパ十勝川温泉」(音更町十勝川温泉北14)の外庭に、モール温泉を利用して整備された、全国初の犬の足湯付きドッグランが28日にオープンする。  ドッグランは、広さ約490平方...

徳之島の宝守ろう 希少動植物紹介する下敷き 保護協議会が島内の学校に贈呈

 徳之島地区自然保護協議会(事務局・鹿児島県伊仙町役場きゅらまち観光課)は24日までに、島内の小中学生、高校生に自然環境保全の啓発を目的に製作した下敷き2660枚を贈呈した。同協議会は「環境保...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク