全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

人形劇に子どもら笑顔 9団体が11演目披露 九州フェス石垣島大会

マジックショーにくぎ付けの子どもたち=16日午前、大浜公民館

 第56回九州人形劇フェスティバル石垣島大会(主催・九州人形劇サークル協議会、児童文化サークルくにぶん木の会)が16日、大浜公民館で行われ、くにぶん木の会を含む9団体が11演目を披露、会場に子どもたちの笑顔が広がった。

 同協議会(石原純生会長)は九州各地で公演活動を続けており、石垣島公演は2012年以来2度目。福岡、長崎、大分、熊本、宮古島から計46人が集い、午前に5演目、午後に6演目を発表した。

 会場には親子連れら延べ約400人が訪れ、人形劇やテーブル人形劇、着ぐるみ人形劇 マジックショー、影絵など多彩なプログラムに大喜びだった。

 このうち森岡弥佳(ルビ=みか)さん(34)=真栄里=は長女の緒未(ルビ=つぐみ)ちゃん(4)と次女の若菜ちゃん(1)と共に午前と午後の両方を鑑賞。「こういう機会は少ないので、子どもたちはじっと見入っていて楽しそうだった。私も楽しめた」と満足げ、緒未ちゃんも「あかずきんちゃんがおもしろかった」と笑みを浮かべた。

 石原会長は「活動団体が少なくなっており、今回はくにぶん木の会の応援も兼ねて開催した。子どもたちが素直で元気。呼び掛けにも元気に応えてくれた。子どもたちには笑顔でスクスクと育ってもらいたい」と話した。

 くにぶん木の会の池田哲子会長は「刺激になった」と感激の様子。「子どもたちも満足して帰って行った。私たちも活動の灯を消さず、石垣島で頑張っていきたい。皆さんの勇気、元気、技術を今後に生かしたい」と参加したメンバーに感謝した。

関連記事

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク