全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

ギンナンの顔が付いた「さき織り雛」。彩り豊かな裂き織りをまとわせて人形を手作りする

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、素朴さの中に優雅さを秘めた雛を作っている。

桃の節句に合わせて毎年開く制作体験。座り雛や立ち雛など4種類から作りたい人形を選び、男女一対を作る。細長い裂き織りを結んで仕上げる「ころころ雛」も人気だ。

駒ケ根市の川島莉乃ちゃん(4)と妹の玲ちゃん(1)は16日、イチゴ狩りを楽しんだ後に「草の家」へ。かわいらしい雛が出来上がり、「おうちに飾る。ひな祭り、楽しみ」と笑顔を見せた。

3月1日まで(火、木曜日定休)。体験料は座り雛など3種が1500円、ころころ雛が600円。午前10時~午後4時(受け付けは午後3時まで)。

問い合わせは、草の家(電話0265・74・1837)へ。

関連記事

蒲郡で樹熟デコポン収穫始まる

 蒲郡市内で、かんきつ果物デコポンを結実させたまま完熟させる「樹熟(きじゅく)デコポン」の収穫が始まった。生産農家は「果汁たっぷりで大玉に育った。食べて満足できます」と出来栄えを語った。2日...

蒲郡で潮干狩りシーズン到来

 蒲郡市の三河湾沿岸部で、行楽用の潮干狩りシーズンが到来した。穏やかな天候となった26日には昼前後から大勢の家族連れらが干潟に入り、黙々とカマなどで貝を掘り当てた。  同市内では今月中旬から三...

長野日報社

卒園ほほえむタカトオコヒガンザクラ 伊那市山寺

長野県伊那市山寺の南信森林管理署の東側に植わるタカトオコヒガンザクラのつぼみがほころび始めている。市内保育園の卒園式があった25日はピンク色の花が青空に映え、近くの竜北保育園の卒園児たちを祝福...

長野日報社

アルパカ大人気 富士見の牧場が今季オープン

富士見町南原山の観光牧場「八ケ岳アルパカ牧場」が今季の営業を始めた。20日に開場し、3日間で昨季の2倍以上、約940人が来場し、盛況なスタートとなった。 新型コロナウイルスの感染拡大で営業の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク