全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

更別の農家 松橋さん聖火ランナーに 「子どもに夢と希望を」

「北海道の農業者の代表のつもりで」と張り切る松橋さん

 松橋農場(更別村上更別)代表の松橋泰尋さん(36)が、2020年東京五輪の聖火ランナーに選ばれた。6月14日に道内を走る。持続可能な循環型農業の実現を見据え、農業や飲食店経営に精を出す松橋さんは「北海道の農業者の代表のつもりで走りたい」と意気込んでいる。

 松橋さんは札幌出身。11年に結婚を機に更別へ。妻の涼子さん(38)の実家である同農場を継ぐため、同農場4代目として新規就農した。約40ヘクタールで畑作4品を生産し、12年からは肉牛の繁殖肥育を手掛ける。

 「“皿の上”までを意識した生産者になりたい」と、安全安心、おいしさを徹底追求する。

 14年には帯広市中心部に、全道の農家の農畜産物を提供する「農家バルFOOD BABY」を開店。昨年9月には宅配弁当サービスも始めた。

 小学3年生から3歳まで2男3女の父親。「子どもたちの思い出に残れば」と昨年6月、聖火ランナーに応募した。

 「次世代の子どもたちに紡ぐ」を人生のテーマとする松橋さんは、応募に際し「2030年までに挑戦したいこと」として、持続可能な農業の確立と貧困国への技術提供、フードロスを無くすための再生可能な完熟堆肥の開発などを掲げ、「子どもたちに夢と希望を与えられる農家でありたい」と思いをつづった。

 12月中旬に聖火ランナー決定の通知を手にした。長男は自宅に届いた通知書とたすきを見て「すごいと喜んでいた」という。

 十勝に来て体重が20キロ以上“増量”したという松橋さん。6月14日の本番へ「聖火ランナーにふさわしい体づくりを」とひそかに闘志を燃やしている。どの区間を走るかは3月に発表される予定。

関連記事

紀伊民報社

テントサウナ貸し出し始める

 和歌山県古座川町相瀬にある道の駅「一枚岩」で飲食や物産の販売、キャンプ場の運営に取り組む「monolith(モノリス)」(田堀穣也代表)が、テントサウナの貸し出しを始めた。国の天然記念物に指定...

荘内日報社

躍る!! 切山椒 「観音様のお歳夜」向け本格化

 鶴岡市で今月17日に行われる「観音様のお歳夜(としや)」に向け、冬の風物詩「

王子サーモン製造ピーク 年末年始の贈答向け 今月は45トン生産

苫小牧市有明町の王子サーモン北海道工場では、年末年始向けのスモークサーモンの製造がピークを迎えている。約60人が交代で色鮮やかなサーモンの薫製や骨の抜き取り、カットなどの作業に取り組む。  同...

山田機械工業 楽器800万円分贈呈 帯広市内6校に

 「ピカピカの楽器で、子どもたちに喜んでほしい」-。部活動の楽器の老朽化が課題となる帯広市内の中学校に、民間からの寄付が相次いでいる。2日に市内の山田機械工業(山田康太社長)が、6校に計約80...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク