全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

更別の農家 松橋さん聖火ランナーに 「子どもに夢と希望を」

「北海道の農業者の代表のつもりで」と張り切る松橋さん

 松橋農場(更別村上更別)代表の松橋泰尋さん(36)が、2020年東京五輪の聖火ランナーに選ばれた。6月14日に道内を走る。持続可能な循環型農業の実現を見据え、農業や飲食店経営に精を出す松橋さんは「北海道の農業者の代表のつもりで走りたい」と意気込んでいる。

 松橋さんは札幌出身。11年に結婚を機に更別へ。妻の涼子さん(38)の実家である同農場を継ぐため、同農場4代目として新規就農した。約40ヘクタールで畑作4品を生産し、12年からは肉牛の繁殖肥育を手掛ける。

 「“皿の上”までを意識した生産者になりたい」と、安全安心、おいしさを徹底追求する。

 14年には帯広市中心部に、全道の農家の農畜産物を提供する「農家バルFOOD BABY」を開店。昨年9月には宅配弁当サービスも始めた。

 小学3年生から3歳まで2男3女の父親。「子どもたちの思い出に残れば」と昨年6月、聖火ランナーに応募した。

 「次世代の子どもたちに紡ぐ」を人生のテーマとする松橋さんは、応募に際し「2030年までに挑戦したいこと」として、持続可能な農業の確立と貧困国への技術提供、フードロスを無くすための再生可能な完熟堆肥の開発などを掲げ、「子どもたちに夢と希望を与えられる農家でありたい」と思いをつづった。

 12月中旬に聖火ランナー決定の通知を手にした。長男は自宅に届いた通知書とたすきを見て「すごいと喜んでいた」という。

 十勝に来て体重が20キロ以上“増量”したという松橋さん。6月14日の本番へ「聖火ランナーにふさわしい体づくりを」とひそかに闘志を燃やしている。どの区間を走るかは3月に発表される予定。

関連記事

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク