全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「寒天の日」にぎわう 茅野でPRイベント

500人に生天(ところてん)が無料配布された寒天PRイベント=茅野市の茅野市民館イベントスペース

 県寒天水産加工業協同組合と茅野商工会議所は15日、「寒天の日」(16日)に合わせた寒天PRイベントを、茅野市の茅野市民館イベントスペースで開いた。生天(ところてん)の無料配布や寒天入り豚汁の振る舞い、角寒天品評会出品製品の販売などが行われ、市内外から訪れた多くの人たちでにぎわった。

 会場前には午前8時半ごろから生天を求める人らが列をつくり始め、イベント開始の午前10時前には200人以上が列をなす盛況ぶり。生天は500人分(1袋約550グラム)が用意され、その場でスタッフが1本ずつ専用道具で突き出して提供。建物の外では寒天をふんだんに入れた豚汁が振る舞われ、来場者の体を温めていた。

 会場となったイベントスペースは、かつて寒天蔵があった場所。施設内には当時をしのぶ道具類が壁に掛けられており、来場者は寒天の歴史にも思いをはせていた。

 同市内に住む両角秀則さんは4人の子どもを連れて来場。「家族みなところてんが好きで、久しぶりにところてんをもらいにきた」と話していた。同組合の松木修治組合長は「今冬は記録的な暖冬で各社寒天生産には苦労しているが、何とか頑張って作っている」と話していた。

関連記事

釧路新聞社

建物青く照らし啓発【釧路】 

  幣舞橋ライトアップ実行委員会(佐藤みちる委員長)は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」の2日、幣舞橋の四季の像などを自閉症のシンボルカラーであるブルーにライトアップした。  ライトアップは自...

県蝶にオオゴマダラ制定 自然環境保全、周知啓発へ

 【那覇】県は1日、県蝶にオオゴマダラを制定した。都道府県の蝶制定は埼玉県に続いて2例目。オオゴマダラは石垣市の市蝶としても知られる。  県のシンボルでは県章、県花、県木、県鳥、県魚、県民の歌...

長野日報社

「春の交通安全」映像で啓発 伊那署が広報収録

伊那署と伊那ケーブルテレビジョン(伊那市)は2日、交通安全啓発の広報映像を同署で収録した。春の交通安全運動(6~15日)の一環。今回の運動は新型コロナウイルスの影響で県内各署が活動規模を縮小。...

荘内日報社

山口さんのアマゾンコレクション 6年ぶり公開展示 3日から致道博物館

 鶴岡市在住で文化人類学研究者の山口吉彦さん(78)が、アマゾンの原住民らと交流しながら収集した資料の展覧会が3日から、同市の致道博物館で開かれる。2014年3月に市のアマゾン自然館・民族館が閉館後、アマ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク