全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

小型電気車でらくらく温泉街観光

実証実験で使う小型電気自動車(白浜町で)

 和歌山県白浜町は、小型電気自動車を用いた実証実験を17日に始める。小回りが利く車両を使うことで白浜温泉街の周遊性を高め、消費の拡大につなげるのが狙い。走行データなどを収集、分析し、来年度以降の事業化を検討する。

 町と包括連携協定を結んでいて、町ITビジネスオフィスに拠点を設けているNECソリューションイノベータ(東京都)との共同事業。南紀白浜観光局に実証実験の業務を委託する。
 実験では、2人乗り電気自動車4台(1台は予備)と電動アシスト付き自転車2台、スマートフォンのアプリで解錠できる自転車2台を準備。2月末までの期間中、モニターに使ってもらう。モニターには衛星利用測位システム(GPS)機器やスマホを貸し出す。スマホ内のアプリでは周遊ルートや観光地の情報が確認できる。
 町とNECソリューションイノベータは実験でデータを収集。車両はどこによく立ち寄っているか、モニターからの聞き取りで、どんな買い物をしたかなどを分析し、事業化に向けた課題を見つけたいという。
 実験は白良浜そばの駐車場を拠点にする。モニターは募集中で、現時点で約30組(50人)が応募している。期間中は、車両に空きがあればモニターになれる。モニタリングの時間は4~5時間。
 12日には、この駐車場で町議らを対象にした説明会があった。電気自動車に試乗した井澗誠町長は「観光振興の目玉になり得る」と話し、事業化に前向きな考えを示した。
 問い合わせは南紀白浜観光局(0739・43・3201)へ。車両の空き状況は観光局のホームページでも確認できる。

関連記事

荘内日報社

対策講じ遊佐5小学校で入学式

 遊佐町内の5小学校で8日、入学式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から各校ともマスク着用、時間短縮といった対策を講じて実施。スーツやワンピースで着飾った1年生がピカピカのランドセルを背...

紀伊民報社

新型コロナで「苦渋の決断」 海開き延期

 和歌山県白浜町と白浜観光協会は、4年ぶりに5月3日の開催を予定していた白良浜の海開き(海水浴場の開設)や関連イベントの延期を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため。現時点で7月の海開き...

MOMO5号機 打ち上げへリハーサル IST・大樹

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は7日夜から8日早朝にかけて、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げに向けたリハーサルを行...

釧路新聞社

シマエナガさん、文房具に【釧路】

  山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)はこの春、北海道に生息する小鳥で、野鳥愛好家に人気のシマエナガをモチーフにした文房具「シマエナガさん」シリーズの新作を商品化した。第3弾の鉛筆、第...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク