全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

心温まる一本のパン

女性喫茶店主が福祉施設へ10年以上毎週寄付

 今年84歳を迎えた豊橋市内の女性喫茶店主が、10年以上にわたり、「施設利用者のために」と、市内のNPO法人に食パン1本(3斤分)を毎週欠かさず寄付し続けている。職員・利用者らは温かい気持ちを喜ぶと共に、同店で過ごすコーヒータイムも毎週楽しみにしている。  同市鍛冶町にある喫茶店「カナデアンコーヒーハウス」(柘植美紀代店主)。1978(昭和53)年にオープンし、今年で42年目を迎える同店は、外観がカナダのアーチ型ログハウス調で店内も木のぬくもりを感じる落ち着いた店。今月11日に誕生日を迎えたばかりの柘植さんが、地元の常連客らを明るくもてなす。  市内のNPO法人来夢(佐治正光理事長)の利用者らもそんなお客の1人。10年以上前、当時同店を利用していたボランティアの紹介で、柘植さんと来夢との付き合いが始まった。  同店の休みが金、土曜のため、残った食パンを活用してもらおうと寄付したのが始まりだが、今では仕入れ時点で施設の分も併せてパンを頼み、休み前の木曜日に佐治理事長らが店までパンを取りに来ているという。  寄付が縁で、同NPOが運営するグループホーム利用者が日曜に店を訪れ、モーニングを楽しんだ後に豊橋公園で散歩したり、同公園でイベントがある時には施設の車を店に停めたりと交流が広がっている。「続けて支援していただけるのがありがたい」と佐治理事長。柘植さんは「おかげ様で、大きな体の病気もしておらず、店も1度もリフォームすることなくここまで来ることができた。今後も体が続く限り頑張りたい」と話す。

関連記事

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完...

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

荘内日報社

人気「庄農うどん」作りに熱入る

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長)の「うどん部」(正式名称・農業部食品加工班、菅原愛花部長、部員18人)は、同市藤島地域の飲食店8店舗で展開中の「庄農うどん大作戦!」に、自分たちで製麺した「庄農う...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク