全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

日本遺産「北前船」五輪ホストタウン 酒田市が「るんるんバス」でPR

 酒田市が運行する市福祉乗合バス「るんるんバス」に、北前船の日本遺産と、同市がニュージーランド(NZ)を相手国に登録されている東京オリンピック・パラリンピックのホストタウンをアピールするラッピングバスが各1台導入され、市内を循環してそれぞれの機運醸成に一役買っている。

 市日本遺産推進協議会(会長・丸山至市長)、市ホストタウン推進協議会(同)の各啓発事業として、「日本遺産の日」(13日)に合わせ、側面と後方にオリジナルのデザインをあしらったバスを先月21日から運行している。

 日本遺産は2017年4月、同市が「北前船寄港地・船主集落」として文化庁の認定を受けた。バスには山居倉庫や相馬楼、本間家旧本邸など同遺産の構成文化財の写真、全国の寄港地自治体でつくる北前船日本遺産推進協議会のロゴマークなどをデザインした。市内循環B線で来年3月末ごろまで運行の予定。

 ホストタウンは17年12月、同市がNZを相手国、トライアスロンを主要種目として内閣府の登録を受けた。今年7月13―23日には五輪選手の事前キャンプを受け入れることが決まっている。バスは下半分を赤く染め、NZの国旗や、同国を象徴するシダ「シルバーファン」、国鳥キウイの絵、「ようこそ トライアスロン・ニュージーランド」の文字などをあしらい、歓迎ムード醸成の狙いも込めた。市内循環A線で今年9月末ごろまで運行する。

 市交流観光課では「市民からは『明るいムードで良い』などまずまずの評判。観光客にも、酒田の日本遺産やNZのホストタウンであることをアピールできれば」としている。

日本遺産の構成文化財などを描いたB線のバス

NZの国旗やシルバーファンをあしらったA線のバス

関連記事

「赤レンガ」カフェに 宮本商産が7月開店 国文化財旧本社 帯広

 ガソリンスタンドなどを展開する宮本商産(平征浩社長)は、築100年を超える国の登録有形文化財で、帯広市西2南5の本社隣に今も残る旧本社社屋(通称・赤レンガ)をカフェとして再活用する。すでにパ...

宇部日報社

パンプローナ市と姉妹都市提携40周年で、公立小・中学校の給食にスペイン料理

 山口市とスペイン・ナバラ州パンプローナ市が姉妹都市提携を結んで40周年を迎えた19日、市内の公立小・中学校の各給食でパエリアやスパニッシュオムレツなどのスペイン料理が振る舞われた。     大...

じゃがいも「とったぞー!」収穫の喜び味わう 大川保育所4、5歳児

 大川保育所(今伊たえ子所長)の4、5歳児47人が19日午前、市内大川の畑でじゃがいも掘りを体験し、収穫の喜びを味わった。  この体験は孫が同保育所に通っている根原一芳さん(69)・桂子さん(69)...

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク