全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ボウズハゼの「ジロウ」が人気者に

石に付いたコケを食べるボウズハゼ(串本町潮岬で)

 和歌山県串本町潮岬の南紀熊野ジオパークセンター内にある水槽でボウズハゼ(全長約10センチ)が飼育されている。愛嬌(あいきょう)のある姿や動きで来館者の人気者になっている。

 「南紀熊野の川のいきもの」をテーマにした水槽で飼育されている。
 古座川町小川にある県の名勝・天然記念物「滝の拝」付近で捕獲された。古座川町の民話に登場し、町のマスコットキャラクターにもなっている「滝の拝太郎」にちなみ、弟分として「ジロウ」と名付けられている。
 滝の拝では、7月下旬から9月末ごろまで、より良い餌場を求めて高さ約7メートルある垂直の岩壁を、吸盤状の腹びれと口を使って登るボウズハゼの姿が見られ、多くの観光客が訪れている。
 センターのガイドによると、ボウズハゼは音や臭いに敏感。なわばりを持っているため、水槽内では1匹しか飼えないという。餌として定期的に「滝の拝」付近の川から持ってきたコケの付いた石を与えている。
 コケに付いた石を水槽に入れると、「ジロウ」は待ちかねたよう石に吸い付き、懸命にコケを食べていた。
 センターは年末年始以外は年中無休。開館時間は午前9時~午後5時。

関連記事

じゃがいも「とったぞー!」収穫の喜び味わう 大川保育所4、5歳児

 大川保育所(今伊たえ子所長)の4、5歳児47人が19日午前、市内大川の畑でじゃがいも掘りを体験し、収穫の喜びを味わった。  この体験は孫が同保育所に通っている根原一芳さん(69)・桂子さん(69)...

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

紀伊民報社

ごみ処分場建設地を見学 「15年で満杯」に驚き

 和歌山県みなべ町以南の10市町(北山村を除く)でつくる紀南環境広域施設組合は18日、田辺市稲成町に建設中のごみ最終処分場の工事現場を見学した。処分場は容量19万8千立方メートルで、計画埋め立て...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク