全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

3日間の海岸清掃開始 国際ボランティア学生協会 石垣島北部で活動 高校生とも交流

石垣島での3日間にわたる海岸清掃活動を開始したNPO法人国際ボランティア学生協会のメンバーら=13日、伊野田海岸

 国際協力・災害救援・環境保護・地域活性化・子どもの教育支援の5分野を軸に学生のマンパワーを生かした活動を行っているNPO法人国際ボランティア学生協会のメンバーら43人が13日、3日間にわたる石垣島での海岸清掃を開始した。主に北部の海岸で実施する。大規模な清掃活動や漂着ごみに対する理解を深め、新たな考え方や価値観を交換しようという17日までのプログラム。地元高校生との交流も予定している。

 同協会は首都圏や近畿地方を中心に74大学、学生約3500人の会員が所属する団体。沖縄ではこれまで沖縄戦遺骨収集活動に協力してきたが、ことしに入って沖縄の学生が初めて入会したことから活動の幅を広げようと「石垣島海岸漂着ゴミ水際掃討大作戦」を行うことに。

 初日は伊野田漁港南の海岸で午前10時15分ごろから昼食・休憩をはさんで午後5時ごろまで実施。市から提供を受けたごみ袋1000袋のうち約500袋を使うほどの漂着ごみを回収した。分別作業も行った。

 活動リーダーの清家太郎さん(23)=高崎経済大4年=は「石垣島で漂着ごみが問題化していることを知り、実施することになった。僕らの活動が少しでも刺激になればうれしい」と意義を強調した。

 父親の博昭さんが伊野田出身という大嶺ななさん(21)=龍谷大2年、石川県出身=は「この活動で石垣島に初めて来ることができた。父が生まれ育った島でこういう活動に貢献できてよかった」と笑顔を見せた。

 沖縄の学生として初めて協会に入会した名桜大の学生2人のうち、大塚大さん(22)=4年=「本土と沖縄をつなぐ良い手段になればと思う。スポットが当たらない石垣島の漂着ごみにも多くの人に知ってもらいたい」と話した。

関連記事

釧路新聞社

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

 釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するという...

長野日報社

中ア、ようやく夏本番 長梅雨明けて登山者の姿

 記録的な長い梅雨が明け、中央アルプスにもようやく本格的な夏山シーズンが訪れた。4日には千畳敷から主峰・駒ケ岳(2956メートル)に至る登山道に多くの登山者や観光客の姿が。訪れた人は思い思いに...

荘内日報社

鶴岡東ナイン県優勝 地元鶴岡市に報告

 甲子園交流大会(16日、日本航空石川戦)に出場する鶴岡東高の一行3人が4日、鶴岡市役所に皆川治市長を表敬した。齋藤哲校長、佐藤俊監督、鈴木喬主将の3人で、県高校野球大会2020の優勝を手土産代わりに訪れた...

紀伊民報社

和歌山県がテレワーク研修会

 新型コロナウイルスの影響で、在宅などで仕事するテレワークが注目されている。都市部で普及しているが、地方にも利点の多い働き方だという。和歌山県は9月、テレワークの基礎的な技術を身に付ける研修会を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク