全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

サンゴを知ろう 串本で標本観察会

学芸員らの解説を受けながらサンゴの標本を観察する来館者(串本町潮岬で)

 和歌山県串本町潮岬の南紀熊野ジオパークセンターで11日、サンゴの骨格標本を観察するイベント「サンゴをじっくり見てみよう」があった。サンゴの生態などを記したパネルを展示し、センター研究員らが来館者に解説した。

 センターが毎月1回開いているイベントの一環。地元で多く見られるサンゴについて知ってもらおうとミドリイシ属、コモンサンゴ属などの骨格標本10種類を並べ、センター研究員の本郷宙軌さんと串本海中公園センター学芸員の平林勲さんが、来館者の質問に答えた。標本を顕微鏡で観察するコーナーもあった。
 サンゴは、クローンを作って増えていく群体生物で雌雄同体と雌雄異体の2種類ある。平林さんは「分かりやすく言えば、骨を作るイソギンチャクの仲間」と説明した。長い年月をかけて積み重なってできる海の地形が「サンゴ礁」と呼ばれていると話した。
 サンゴは世界で約800種類確認されており、日本で最も多く生息している場所は沖縄県で約400種類。串本町沿岸では約120種類確認されており、紀伊半島では白浜町約70種類、御坊市約20種類、三重県熊野市約20種類などとなっている。光の強さや波の力など生息している海の環境でテーブル状、枝状、塊状などさまざまな形がある。
 平林さんによると、串本町沿岸では1990年代に海水温が上昇し、種類や数が増えたが、その後、サンゴを食べる天敵のオニヒトデの増加や台風による高波の影響で減少。近年は、黒潮大蛇行の影響で海水温が低下し、種類も数も減少傾向だという。
 本郷さんによると、サンゴ礁があるのは、海全体の面積の約0・2%だが、魚、ヒトデなど海にすむ生き物の4分の1が関わっている生き物の宝庫。地域住民に豊かな海の幸を与えてくれるだけでなく、死んだサンゴの骨は、かつて民家の石垣に使われていたという。

関連記事

親離れシーズン カンムリワシ

 石垣島と西表島に生息し、国の種の保存法に基づく国内希少野生動植物種や国の特別天然記念物などに指定されているカンムリワシの繁殖活動は、親離れのシーズンを迎えている。  カンムリワシの繁殖期は2...

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完...

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク