全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

サンゴを知ろう 串本で標本観察会

学芸員らの解説を受けながらサンゴの標本を観察する来館者(串本町潮岬で)

 和歌山県串本町潮岬の南紀熊野ジオパークセンターで11日、サンゴの骨格標本を観察するイベント「サンゴをじっくり見てみよう」があった。サンゴの生態などを記したパネルを展示し、センター研究員らが来館者に解説した。

 センターが毎月1回開いているイベントの一環。地元で多く見られるサンゴについて知ってもらおうとミドリイシ属、コモンサンゴ属などの骨格標本10種類を並べ、センター研究員の本郷宙軌さんと串本海中公園センター学芸員の平林勲さんが、来館者の質問に答えた。標本を顕微鏡で観察するコーナーもあった。
 サンゴは、クローンを作って増えていく群体生物で雌雄同体と雌雄異体の2種類ある。平林さんは「分かりやすく言えば、骨を作るイソギンチャクの仲間」と説明した。長い年月をかけて積み重なってできる海の地形が「サンゴ礁」と呼ばれていると話した。
 サンゴは世界で約800種類確認されており、日本で最も多く生息している場所は沖縄県で約400種類。串本町沿岸では約120種類確認されており、紀伊半島では白浜町約70種類、御坊市約20種類、三重県熊野市約20種類などとなっている。光の強さや波の力など生息している海の環境でテーブル状、枝状、塊状などさまざまな形がある。
 平林さんによると、串本町沿岸では1990年代に海水温が上昇し、種類や数が増えたが、その後、サンゴを食べる天敵のオニヒトデの増加や台風による高波の影響で減少。近年は、黒潮大蛇行の影響で海水温が低下し、種類も数も減少傾向だという。
 本郷さんによると、サンゴ礁があるのは、海全体の面積の約0・2%だが、魚、ヒトデなど海にすむ生き物の4分の1が関わっている生き物の宝庫。地域住民に豊かな海の幸を与えてくれるだけでなく、死んだサンゴの骨は、かつて民家の石垣に使われていたという。

関連記事

紀伊民報社

防災用品の購入急増 地震発生であらためて危機感

 3日に和歌山県の田辺市などで震度4の揺れを観測する地震が発生したのを受け、紀南地方で防災用品への関心が高まっている。田辺市内のホームセンターでも在宅避難用グッズの購入が増えている。  田辺市...

荘内日報社

ハタハタ高値 台所を直撃 「大黒様のお歳夜」他の魚に代替えも 複雑な表情

 9日は「大黒様のお歳(とし)夜(や)」。庄内ではハタハタの田楽を食べる風習があるが、今年はハタハタ漁に異変が起きている。1月から10月までの水揚げは昨年と比べて半減。近年指摘されている高い海水温が原...

62年前の苫東高新聞を発見、現役局員は質の高さに驚き

苫小牧市王子町の私設文学館「斉藤征義の宮沢賢治と詩の世界館」で、1959(昭和34)年12月5日付の苫小牧東高新聞第40号が見つかった。2019年に78歳で亡くなった詩人の故斉藤征義さんは、同高O...

地域交通に暮らしの視点 国交省、コロナ後へ研究会 十勝バスもモデル

 国土交通省はアフターコロナ時代の地域交通の方向性を考える新たな研究会を立ち上げた。新型コロナウイルスの影響で旅客の輸送需要が減少する中、地域の足としてのセーフティーネットに加え、地域住民の暮らし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク