全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヒグマの研究成果発表 酪農学園大・院生ら 浦幌

 浦幌町内をベースに白糠丘陵の道有林などでヒグマの調査研究を行っている大学生、大学院生の成果発表会「卒業論文大発表会2020in浦幌 浦幌のヒグマこんなに調べました!」(町立博物館主催)が8日、町教育文化センター2階視聴覚ホールで開かれた。

卒業論文を発表した大学生、大学院生。前列右から3人目は佐藤教授

 研究成果を地域にフィードバックすることを目的に2016年に始まり、今年で5回目。今回は町内外から約60人が来場した。酪農学園大学野生動物生態学研究室の4年生6人、同大水質化学研究室の4年生1人、同大大学院修士課程の2年生2人の計9人が発表した。

 高山寛司さん(4年)は「カメラトラップの映像解析によるヒグマの性齢クラスの判別方法」と題して発表。ヒグマの手のひらの幅の違いで雌成獣と雄亜成獣の識別ができると考え、十勝総合振興局森林室が管理する道有林(浦幌町ほか)などで撮影されたヒグマの手のひらの幅を測った。

 雌の成獣、亜成獣は共に17センチ以下だったが、雄亜成獣は値が大きくばらついたことから、映像の手の向きや背擦り木の傾きによる誤差が生じる可能性を指摘。計測条件の絞り込みなど誤差を小さくする方法を検証する必要があるとした。

 また、村田朋弥さん(修士課程2年)が「ヒグマによる種子散布がヤマブドウ個体群の遺伝的空間構造に与える影響」、上田健太さん(同)が「カメラトラップを用いた札幌市に生息するヒグマの生息実態の解明」と題して報告した。

 同研究室の佐藤喜和教授は「私たちは浦幌をメインに調査している。町中で赤いジャンパーの学生を見たら調査が始まったと感じてほしい」と話していた。

 1階ロビーでは、同大の協力で開催してきた「ヒグマの学校」の教材を展示。自動撮影カメラに映った迫力あふれるヒグマの映像や等身大の毛皮、頭骨などが来場者の注目を集めていた。

関連記事

長野日報社

蓼科日記の複製完成 小津監督や野田高梧ら日常つづる

 日本映画界の巨匠、小津安二郎監督(1903~63年)や脚本家の野田高梧(1893~1968年)らが、茅野市蓼科高原での日々や映画人、住民との交流をつづったノート「蓼科日記」(全18巻)の複製が完...

豊橋美博古城で丸地展始まる

 豊橋市美術博物館で19日、考古学研究に尽力した元収入役の丸地古城(本名・幸之助、1886~1972年)の功績を紹介する企画展「歴史を守れ!丸地古城の挑戦」(市文化財センター主催)が始まった。...

紀伊民報社

チョウ〝九死に一生〟 目玉模様で鳥欺く

 九死に一生を得る―。後ろ羽にある目玉模様を鳥に食べられたヒカゲチョウ(タテハチョウ科)が、和歌山県田辺市稲成町のふるさと自然公園センターで見つかった。  今回見つかった個体は、後ろ羽の一番大き...

荘内日報社

人気「庄農うどん」作りに熱入る

 鶴岡市の庄内農業高校(加藤千恵校長)の「うどん部」(正式名称・農業部食品加工班、菅原愛花部長、部員18人)は、同市藤島地域の飲食店8店舗で展開中の「庄農うどん大作戦!」に、自分たちで製麺した「庄農う...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク