全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ヒグマの研究成果発表 酪農学園大・院生ら 浦幌

 浦幌町内をベースに白糠丘陵の道有林などでヒグマの調査研究を行っている大学生、大学院生の成果発表会「卒業論文大発表会2020in浦幌 浦幌のヒグマこんなに調べました!」(町立博物館主催)が8日、町教育文化センター2階視聴覚ホールで開かれた。

卒業論文を発表した大学生、大学院生。前列右から3人目は佐藤教授

 研究成果を地域にフィードバックすることを目的に2016年に始まり、今年で5回目。今回は町内外から約60人が来場した。酪農学園大学野生動物生態学研究室の4年生6人、同大水質化学研究室の4年生1人、同大大学院修士課程の2年生2人の計9人が発表した。

 高山寛司さん(4年)は「カメラトラップの映像解析によるヒグマの性齢クラスの判別方法」と題して発表。ヒグマの手のひらの幅の違いで雌成獣と雄亜成獣の識別ができると考え、十勝総合振興局森林室が管理する道有林(浦幌町ほか)などで撮影されたヒグマの手のひらの幅を測った。

 雌の成獣、亜成獣は共に17センチ以下だったが、雄亜成獣は値が大きくばらついたことから、映像の手の向きや背擦り木の傾きによる誤差が生じる可能性を指摘。計測条件の絞り込みなど誤差を小さくする方法を検証する必要があるとした。

 また、村田朋弥さん(修士課程2年)が「ヒグマによる種子散布がヤマブドウ個体群の遺伝的空間構造に与える影響」、上田健太さん(同)が「カメラトラップを用いた札幌市に生息するヒグマの生息実態の解明」と題して報告した。

 同研究室の佐藤喜和教授は「私たちは浦幌をメインに調査している。町中で赤いジャンパーの学生を見たら調査が始まったと感じてほしい」と話していた。

 1階ロビーでは、同大の協力で開催してきた「ヒグマの学校」の教材を展示。自動撮影カメラに映った迫力あふれるヒグマの映像や等身大の毛皮、頭骨などが来場者の注目を集めていた。

関連記事

じゃがいも「とったぞー!」収穫の喜び味わう 大川保育所4、5歳児

 大川保育所(今伊たえ子所長)の4、5歳児47人が19日午前、市内大川の畑でじゃがいも掘りを体験し、収穫の喜びを味わった。  この体験は孫が同保育所に通っている根原一芳さん(69)・桂子さん(69)...

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

紀伊民報社

ごみ処分場建設地を見学 「15年で満杯」に驚き

 和歌山県みなべ町以南の10市町(北山村を除く)でつくる紀南環境広域施設組合は18日、田辺市稲成町に建設中のごみ最終処分場の工事現場を見学した。処分場は容量19万8千立方メートルで、計画埋め立て...

荘内日報社

第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦

 鶴岡市内の若手料理人を対象としたコンペティション「第1回鶴岡№1次世代料理人決定戦」が18日、同市のグランドエル・サンで行われ、初代グランプリの栄誉に日本料理店「庄内ざっこ」の齋藤翔太さん(36)が輝い...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク