全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡16日まで日本遺産ウイーク 五百羅漢堂を特別公開

 文化庁と日本遺産連盟が定める日本遺産の日(2月13日)に伴い、鶴岡市では「日本遺産ウイーク2020in鶴岡」を展開している。16日まで3つの日本遺産(出羽三山、サムライゆかりのシルク、北前船・船主集落)の構成文化財と関連地域内の施設、空港などで期間を通じてイベントが行われている。このうち、北前船・船主集落の構成文化財として同市下川の龍澤山善寳寺(五十嵐卓三住職)では、通常閉じている五百羅漢堂を特別公開。堂内部に安置される木像500体余を間近に見ることができる。中には創建から160年以上が経過し老朽化が進んでいることを受け、2015年度から20年計画で東北芸術工科大文化財保存修復研究センターによる仏像群の現状維持修復事業「五百羅漢像修復プロジェクト」で修復された像も並ぶ。顔のつくりや表情、ポーズ、身に付けている袈裟(けさ)の模様まで細部にわたる違いがうかがえる。

 同寺では「大漁旗」をモチーフにした来山記念クリアファイル(300円)を販売するほか、五百羅漢堂限定御朱印(500円)も販売している。期間中、「サムライゆかりのシルク」にちなみ同市羽黒町の松ケ岡開墾記念館では13日に無料開放し、併せて「松ケ岡冬まつりウイーク」を展開。JR鶴岡駅、庄内空港では企画展示が行われている。

特別公開されている五百羅漢堂内部

五百羅漢堂限定御朱印

関連記事

荘内日報社

対策講じ遊佐5小学校で入学式

 遊佐町内の5小学校で8日、入学式が行われた。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から各校ともマスク着用、時間短縮といった対策を講じて実施。スーツやワンピースで着飾った1年生がピカピカのランドセルを背...

紀伊民報社

新型コロナで「苦渋の決断」 海開き延期

 和歌山県白浜町と白浜観光協会は、4年ぶりに5月3日の開催を予定していた白良浜の海開き(海水浴場の開設)や関連イベントの延期を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため。現時点で7月の海開き...

MOMO5号機 打ち上げへリハーサル IST・大樹

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は7日夜から8日早朝にかけて、町浜大樹の実験場で観測ロケット「MOMO(モモ)」5号機の打ち上げに向けたリハーサルを行...

釧路新聞社

シマエナガさん、文房具に【釧路】

  山一佐藤紙店(釧路市北大通8、佐藤公一郎社長)はこの春、北海道に生息する小鳥で、野鳥愛好家に人気のシマエナガをモチーフにした文房具「シマエナガさん」シリーズの新作を商品化した。第3弾の鉛筆、第...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク