全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

春を告げる天下の奇祭「豊橋鬼祭」

赤鬼と天狗のからかい

 豊橋市に春を告げる奇祭「豊橋鬼祭」(国重要無形民俗文化財)のハイライトである「赤鬼と天狗のからかい」が11日、同市八町通3の安久美神戸神明社であり、80年ぶりに新調された赤鬼と天狗の面が初披露された。  面は令和の新時代幕開けを祝し、豊橋出身の能面師・北沢美白さんが奉製。大勢の見物客が待ち構える中、午後2時すぎ、荒ぶる神である赤鬼と武神天狗が登場した。  赤鬼は撞木(しゅもく)をかざし、足を後ろに振り上げる独特のステップで挑発。天狗も薙刀(なぎなた)を構え、大地を踏みしめながら応戦し、そのユーモラスなやり取りを見物客が興味深く見守った。  やがて、追い詰められた赤鬼は、若い衆に囲まれながら「アーカーイ」と口々に叫び参道を疾走。浴びると夏病みしないとされる白い粉とタンキリ飴(あめ)が四方へ豪快にまき散らされ、見物客は全身真っ白になった。  豊橋市立向山小学校2年の鉄本芽生ちゃん(8)と同市立東田小学校3年の近澤柚希ちゃん(9)は「毎年粉をかけてもらっているので健康。タンキリ飴を家族で食べ、健康で長生きしてもらいたい」と粉で白くなった顔をほころばせた。

関連記事

長野日報社

華やか「つるしびな」 旧井澤家住宅を彩る

長野県伊那市西町の旧井澤家住宅=市有形文化財=で19日、桃の節句にちなんだ展示「ひな祭り・繭玉飾り」が始まった。江戸時代の押し絵びなや大正時代の内裏びな、平成の段飾り、手作りのつるしびななど約...

長野日報社

裂き織りまとわせ雛作り みはらしファーム「草の家」で制作体験

長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム内「草の家」で、「さき織り雛」の制作体験が行われている。訪れた人は工房スタッフに教わりながら、ギンナンの顔が付いた胴体に布と色彩豊かな裂き織りをまとわせて、...

長野日報社

薪火で冬キャン 22、29日に駒ケ根高原で日帰りイベント

中央アルプス山麓の駒ケ根高原12施設で構成する早太郎温泉事業協同組合(宇佐美宗夫理事長)は22、29日、閑散期の冬の誘客の新たな仕掛けとして「薪火」に着目した日帰りキャンプイベントを駒ケ根市の...

応援メッセージ入りロケ弁スタッフらに届く

蒲郡で撮影中の映画「ゾッキ」  蒲郡市内で連日行われている映画「ゾッキ」の撮影で提供されている弁当“ロケ弁”に、市民らが寄せたメッセージも添えられ、撮影スタッフらの心の支えとなっている。映...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク